過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
2019年ドールフェア
最新の記事
2018年秋 前期の買い付け..
at 2018-09-18 12:28
ちょっと箸休めに小さい子も。..
at 2018-09-08 11:50
2019年4月 アンティーク..
at 2018-09-04 12:13
2019年4月 アンティーク..
at 2018-08-30 13:15
6月パリ買い付けのお知らせ
at 2018-06-07 18:56
今度はイギリスへ 春の買い付..
at 2018-03-25 00:34
2018年 春の買い付け 第一弾
at 2018-02-28 01:56
11月8日から15日まで渡仏..
at 2017-11-07 10:55
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


思い出をつなぎ留めるために

生まれた人は必ずいつかは死んでいきます。

それはとても悲しみを伴う事実なので普段はそのことに目を背けて生活していきがちですが、19世紀の人々は現代の我々よりもあえてそれを自覚しようとしていた節があります。

d0253172_01150200.jpg
赤ちゃんの誕生を知らせるカードは19世紀にはほとんど作られていません。
今よりも乳児の死亡率が高かったことも関係しているのでしょうか。。。
10歳前後で行われる初聖体のカードは多く残されていますが、、、

上のカードはお葬式の参列者に配られたデスカードです。
裏側に個人の人生が簡単に説明されています。
その人が高齢で幸せに人生を全うしていると嬉しくなります。

思い出は次第に忘れ去っていってしまうものです。
脱線ですが、私の大好きなピアソラの曲にオブリビオン(忘却)という美しい曲があります。始まって10秒で泣けます。^-^
パリという異邦にあってどんどんと忘れていってしまう故郷アルゼンチンを想って作った曲でしょうか。
BGMに流しながらどうぞ続きをご覧くださいませ。



ビクトリアン時代にたくさん作られたロケットペンダントも、今現在愛している人の写真や髪の毛を入れて肌身離さず持っている場合もありますが、亡くなった人や離れて暮らしている人の物を入れているほうが多いかもしれません。
d0253172_01154697.jpg
日本の影響を受けたデザインの大きな銀のロケットです。

d0253172_01175973.jpg
忘れな草のはかない花が象嵌されたロケット。
裏側には個人の髪の毛が入っています。

d0253172_01190745.jpg
こちらは1800年初期のものです。
この細かな細工!右のアジサイの花とどうぞ比べてみてください。
極小のミクロの真珠に紙で作られた花。上にはやはり髪の毛が編まれて入っています。

d0253172_01184193.jpg
こちらもヘアジュエリー。
1860年前後のものです。シードパールでレースのような模様を作っています。

日本では正直なところこういうものをコレクションしている方はあまり多くありませんので、多くは日本に入ってきていませんが、ヴィクトリアンジュエリーの中でこれらモーニングジュエリーが占める割合はとても大きいのです。
その前の時代、ジョージアンのジュエリーに至っては、もっと多く半分以上モーニングジュエリーなのではないかと。。。。感覚的にですが。

d0253172_01162551.jpg
1790年頃のガラスにエナメル、シードパールの施された板。
指輪などに仕立てられたものです。
時計は人間のこの世での限られた時間を表現しています。

次回、またタイプのことなるメモリアルジュエリーをご紹介いたします。


最後におまけで。。。悲しい中にも嬉しい別れをどうぞ。

やはりピアソラのアディオス ノニーノ (ピアソラがパリにいて故郷の父親が亡くなったことを知った時に作曲した曲です。)
オランダの皇太子の結婚式。お嫁さんはアルゼンチンからやってきた女性。
わけあってお父さんさえ結婚式に出席を許されなかった状況で教会に突如鳴り響くアルゼンチンの曲。これもまた10秒で泣けます。^-^






by croa-antique | 2016-02-15 01:47 | ヴィクトリアン | Comments(0)
<< イギリスへ仕入れの旅とそれに伴... 光と影の芸術 19世紀の日傘た... >>