過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
2019年ドールフェア
最新の記事
2019年 4月 ドールフェ..
at 2018-12-05 12:07
秋の買い付けに伴うお知らせ
at 2018-11-01 11:08
2019年 4月 ドールフェ..
at 2018-10-28 14:27
2019年 4月 ドールフェ..
at 2018-10-27 13:42
2019年 4月 ドールフェ..
at 2018-10-27 13:31
2018年秋 前期の買い付け..
at 2018-09-18 12:28
ちょっと箸休めに小さい子も。..
at 2018-09-08 11:50
2019年4月 アンティーク..
at 2018-09-04 12:13
2019年4月 アンティーク..
at 2018-08-30 13:15
6月パリ買い付けのお知らせ
at 2018-06-07 18:56
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


手仕事

「ミシンは人間が作ったもの。手は神様が作られたもの。」

これはイギリス人のダーラムキルトの研究家の言葉です。

ダーラムキルトとは、一枚の布をいろいろなパターンでキルティングする手法です。

アンティークダーラムキルト一例
d0253172_12321726.jpg
パッチワークしない一枚の布なのでキルティングによる陰影がとても美しく印象深いものになります。
後期になると手縫いではなくミシンによるキルティングのものがたくさん出回るようになりました。
針目は当然ですが均質に整ってきれいですが、手縫いのような深い陰影は生まれません。
今、どこにでもあるキルティングの布を思い浮かべていただくとその差がよくわかると思います。

前回ボネの記事で素晴らしいホワイトワークをご紹介しましたので、今回も手間と時間と技術と愛情だけで仕上げた素晴らしい手仕事の数々をご紹介したいと思います。
しつこいですが、ミシンは一切使われていません。一針一針全部手によるものです。

まずはフリル仕立て
d0253172_12223104.jpg
薄い薄い一枚のティッシュよりも薄いコットンです。フリルの縁にもご注目ください。

続いてタックです。
d0253172_12233073.jpg
タックがなければ何の変哲もないブラウスですが。それを全くお金をかけないで特別なものに変えてしまいました。
技術は何もいらない。
ひたすら丁寧に縫うだけですがそれにしても!!

レース使い
d0253172_12251045.jpg
アンティークのレースはとても丈夫で今でもたくさん入手できます。
スカラップのついたタイプはドレスの縁取りに便利なのですが、スカラップのない棒状のものがたくさんあって、案外使いにくいのです。
しかし、これを見たとき、本当に目からうろこでした!
なるほど、こうやって何本もつなげて使っていたんだと。
そして微妙にグラデーションをつけることできれいなフリルのようにできます。
なるほど! ですが、さあ自分でできるかというと、、、
できません・・・・

d0253172_12241492.jpg
天使のデザインが珍しいカットワークのよだれかけ。
一度も洗濯されていない状態です。
きっと赤ちゃんの誕生を楽しみに作ったんでしょうが、いざ生まれて使うときにはもったいなくて使えなかったのかもしれません。^-^

d0253172_12261942.jpg
アイリッシュクロシェ。
ベビードレスの裾です。

驚嘆すべき糸の細さです!!!

d0253172_12291595.jpg
比較のために、私が昔作ったなんちゃってアイリッシュクロシェと並べてみました。(すみません!)
本当のアイリッシュクロシェは、たくさんモチーフを作って、それを後からつないでいきます。でも、そんな技術はないので、ネットレースを最初に編んで、そこにモチーフをつないで作りました。
こんなものでもとても大変で3か月以上かかり、完成したときには「もう二度と作らないぞ!!」と誓いました^-^

d0253172_12295810.jpg
同じ大きさのぐるぐる巻きを私は20目ほどで作りましたが、これは一体・・・

少し前に「小人の靴屋さん」ですさまじいレース編みの靴をご紹介しましたが、これは大きさがあるためにそれをはるかに凌駕します。
寒く長いアイルランドの夜長にこつこつと楽しみながらやったのでしょうか。
今、これをやれ!といわれたら気が狂ってしまいそうです。

最後に白のいろいろな表情の楽しめるブラウスを。
d0253172_12304192.jpg
20世紀に近い19世紀末のものです。
この頃になると少し前の時代のような恐ろしいような感動を覚える手仕事はほとんどなくなります。
ミシンが広まったこと、会社組織が大きくなって市販品がそれまでより安く入手できるようになったことが原因と思います。

「大草原の小さな家」でローラのお母さんがミシンを手に入れて、みんな大喜びした。という場面がありました。
それまではこつこつ何時間も時間がかかったものが1分ほどでできるのですから、それはもう革命的なことでした。
そんな楽を知ってしまったらもう手縫いなんてやらなくなるのは当然の成り行きです。


d0253172_12312536.jpg
サッカー生地、レース、まくらめ、コード刺繍、袖のギャザーなど見ていて楽しくなるようなブラウスです。

ですが、そこにこめられた膨大な時間や、人間の持つ計り知れない能力を想っての感動はもうありません。




by croa-antique | 2014-12-10 13:02 | 布製品 | Comments(0)
<< 覗く愉しみ アンティークベビーボネ 大量収穫 >>