過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
2019年ドールフェア
最新の記事
2018年秋 前期の買い付け..
at 2018-09-18 12:28
ちょっと箸休めに小さい子も。..
at 2018-09-08 11:50
2019年4月 アンティーク..
at 2018-09-04 12:13
2019年4月 アンティーク..
at 2018-08-30 13:15
6月パリ買い付けのお知らせ
at 2018-06-07 18:56
今度はイギリスへ 春の買い付..
at 2018-03-25 00:34
2018年 春の買い付け 第一弾
at 2018-02-28 01:56
11月8日から15日まで渡仏..
at 2017-11-07 10:55
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


一番すごいのは誰?

今日の主役は手前のストライプに花柄の長~いリボン状のものです。
不精してケースに置いてあるままの写真を撮ってしまいました。
とても長いので二つ折りにして飾っていますが、長さは90センチ弱あります。

d0253172_23582497.jpg
これはガラスビーズで編まれていますが、実は用途がよくわかりません。
売っていた人は、「聖書(教会で使う大きなもの)のページが説教中にめくれないように押さえておくモノ page-unturner )ではないか?」と言っていましたが、それにしては柄がちょっと世俗的なような気もします。

でも、袋状に編まれていてとても重いので、その用途にはぴったりです。

驚嘆すべきはこのビーズの小ささです。
d0253172_23584838.jpg
比較のために、現行品で手芸屋さんで売っている一番小さいビーズを上に置いてみました。
現代のビーズの穴の大きさよりも小さなビーズです。

これを根気よく編んだ人もすごいですが、さらにすごいのはこのビーズを作った職人さんだと思います。
一体どうやって作ったのでしょうか。
そしてそして、この小さな穴に糸を通すための針を作った人もまた!
そしてそしてそして、その針の穴に通るような糸を作った人もまたまた。。。

二つのビーズを比べてみると、技術の進歩って何なんだろうと思います。

d0253172_23591683.jpg
同じサイズのビーズで編まれた小さな長方形のモノ
布で裏打ちされています。
これまた一体どういう用途だったのか全くわかりません。
でも、何かとても家庭的な手作りの雰囲気があります。
縁のさりげないクリスマスカラーが素敵です。♪

d0253172_10145763.jpg
さらに小さなガラスビーズのビーズ刺繍。ドールハウス用の敷物でしょうか。
フリンジはオパールセントです。

d0253172_10153888.jpg
こうして写真にすると小ささが全く伝わりませんが、これ以上はきっと無理
 ><
もうすでに人間の限界を超えているように感じます。

19世紀のビーズは一個一個手作りの要素が大きいために大きさも形も色も均一でなく不揃いです。
それが作品になった時に素晴らしい陰影と深さをもたらします。



by croa-antique | 2014-11-12 00:17 | ヴィクトリアン | Comments(0)
<< 史上最高額の時計 クリスマスの足音 >>