過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
2019年ドールフェア
最新の記事
2019年 4月 ドールフェ..
at 2018-12-05 12:07
秋の買い付けに伴うお知らせ
at 2018-11-01 11:08
2019年 4月 ドールフェ..
at 2018-10-28 14:27
2019年 4月 ドールフェ..
at 2018-10-27 13:42
2019年 4月 ドールフェ..
at 2018-10-27 13:31
2018年秋 前期の買い付け..
at 2018-09-18 12:28
ちょっと箸休めに小さい子も。..
at 2018-09-08 11:50
2019年4月 アンティーク..
at 2018-09-04 12:13
2019年4月 アンティーク..
at 2018-08-30 13:15
6月パリ買い付けのお知らせ
at 2018-06-07 18:56
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


なんてゴージャス!

「ゴージャス」という言葉で思い浮かぶものは華やかできらびやかでお金がかかっていそうな感じ?例えて言うなら叶姉妹的な?感じをイメージしていましたが、イギリス人の考える「ゴージャス」は全然違う、と気づいたのは初めて娘をイギリスに連れて行った時でした。
その時の娘は1歳半で、テレビCMに出てくるようなくっきりした目鼻立ちの赤ちゃんではなく、目はあくまで細く顔だちはぽちゃぽちゃ、ぼよ~んとして、まあ典型的な日本人顔、あまりにも「ゴージャス」のイメージからはかけ離れた顔でした。

その後骨董屋から自慢そうに「これ、ゴージャスだろう!!」と何かモノを見せられるとき、むしろそのモノは ぱっと見「貧相で地味」であることが往々にして多く、なるほど、イギリス人のゴージャスって日本人のゴージャスとは違うんだ、と気づきました。

日本語で一番当てはまりそうな言葉を考えたのですが、思い浮かびません。
平安時代の「をかし」や「あわれ」が一番近いのかもしれないなあと思います。

台風の大風の過ぎたあと、荒れて木の枝が折れ木の葉の散乱する庭の風情を「をかし」ととらえ、そこに美しさを感じた昔の日本人。
そこからきっとわび、さび の世界が始まっているのだろうと思いますが、イギリス人の中にはそのころの日本人に近い感覚が根付いているように思います。

写真でイギリス人の「ゴージャス」を表現するとこんな感じでしょうか。

d0253172_11015100.jpg
ホームインテリアの本に載っている部屋です。
全てアーツ アンド クラフツの家具 調度で統一されています。
メインはもちろんこの椅子ですが、塗料は剥げ、クッションに至っては、骨董を知らない感覚から見たら即張り直し、下手したらそのまま粗大ごみ置き場行きでしょう。

表面的な華やかさやきれいさとは全く関係のないところにある「ゴージャス」を常に発見していきたいなあと思っています。




by croa-antique | 2014-10-02 11:32 | 骨董全般 | Comments(0)
<< 円安 実感 ! 買い付けに行ってきます >>