過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


キューピーさん

中国で、著作権無視で勝手にディズニーや日本のアニメのキャラクターを使った遊園地が出来ただの、それが世界的にばれて閉鎖されただの、ニュースで時々面白おかしく放送されます。
昨日のニュースでは本家に許可得ないでアップルストアを作ちゃったとか。。


今から70年以上前の日本はまさにこの中国と同じでした。
キャラクターの著作権て何?状態。

ちょうどその頃、アメリカで生まれたミッキーマウスやベティーちゃん、ビリケンさん、などなどをびっくりするくらいいち早く取り入れていろんなパチモンを作っています。

中には勝手に商標登録しちゃったり、とかなんでもあり。

有名なのではキューピーマヨネーズがあります。
最近アメリカに訴訟おこされてましたが、どうなったんだろう。

現代のように著作権に対して厳しく、またニュースも事細かに全世界に伝えられるような時代ではなかったからこそ生まれた面白いものがたくさん残されています。


その中の一つ、キューピーさん。

正式なのとパチモン対決!


d0253172_13173449.jpg


左はドイツで作られたビスク製。キューピーの作者、ローズオニールのサイン入りです。
旅行鞄と大きなコウモリを持って、どこに行くのかな。「トラベラー」と名付けられています。
ラシャの紙製のお洋服は、オリジナルでなく、これを買った当時の人が作って着せてあげたものです。

右は日本のセルロイド製。
セルロイドは安価に大量に生産出来たので、当時の日本でたくさん作られました。
小さな工場で、内職のおばちゃんたちがものすごく少ない賃金で雇われて絵付けをしました。
この写真の子はまあなんとも雑な顔!

でも、ちゃんとしたお人形を買ってもらえなかった貧しい家の女の子も、セルロイドは買ってもらえたのです。
こんなみそっかすな子でも、大事に大事に着物を縫ってもらっています。



次は、絵葉書対決です。
d0253172_1324597.jpg

左は日本製。ずいぶんと日本の文化になじんでますね。キューピーさんたち。
正座してお雑煮を食べています。

右は本家本元。ちゃんとコピーライトのマークがあります。


キューピーさん。
本物も偽物も可愛いものがたくさんあるので、またご紹介していきます。

最後にちょっと脱線ですが、左の絵葉書のあて名面です。
d0253172_13371816.jpg
個人情報漏洩にひっかかっちゃうかな。。
ずいぶん古いものなのでお許しください。

癖のある達筆で書かれた宛先と(おそらくお父さんが書いたものでしょう)、その下の文面は、まだ練習中といった感じで、でもとても丁寧に書かれたお子さんの字。
なんでもキーボードで事足りる今とは隔世の感があります。

# by croa-antique | 2011-08-05 13:39 | キャラクターもの | Comments(0)

イチゴ

いちごが大嫌い!という人はあまり多くないのではないかと思います。
形も可愛らしいし、味もおいしいし。
でも、その割には案外いちご模様のモノって少ないです。

今日はそんなイチゴがデザインされたものをご紹介します。

d0253172_1147149.jpg

金属製のイチゴがあしらわれたガラスの入れ物 イギリス製。
ガラスはイチゴの花の模様になっています。

小さな小さなティーカップは無銘のドイツ製。
カップの口径はわずか2,5センチという小さいものですが、おもちゃとして作られたのではなく、実際に使用した跡があります。

朝吹登水子さんの著書「私の巴里・アンティーク」には、これと同じデザインのリキュールセットが紹介されています。

ヨーロッパの陶磁器は、マイセン、ドレスデン、ロイヤルウースター、セーブルなどなど有名なブランドの物ももちろん素敵ですが、こういう名もないメーカーが作った製品には今にない味わいがあって、とても面白いものがたくさんあります。
個人的にはかっちりとしたブランドものよりも好きです。

作られた時代は1900年から1910年頃。

この時代は、イギリスではエドワーディアン(エドワード7世が即位した期間)、フランスでは ベルエポック(良き時代)と呼ばれています。

堅苦しい19世紀から少しずつ解き放たれて、機械文明が進み、貧富の差も少しずつ少なくなっていって、たくさんの人に未来が果てしなく輝いて見えた時代です。
まだ戦争の影は見えません。

この時代に作られたものはそういう時代を反映して、屈託なく洗練されて美しいです。


d0253172_1211695.jpg

どんな人が、これらのイチゴ模様の食器を買ってどんな気持ちで食卓を飾ったのでしょう。

# by croa-antique | 2011-08-03 12:11 | 植物文様 | Comments(0)

黒ネコ

なるべくたくさんの幸運が来ますように!と縁起を担ぐのはどこの国の人も同じです。

イギリスにもたくさんのラッキーアイテムがあります。

まず最初にご紹介するのは「黒猫」

エドガー・アラン・ポーの「黒猫」をはじめ、どちらかというと不吉なイメージを持たれがちな黒猫ですが特にアールデコの時代には身近に置いておくと幸運をもたらしてくれるものとして大活躍しました。

d0253172_1415483.jpg ロイヤルドルトン社製     その名も「ラッキー」       うちの店でも今までたくさんの方にお買い上げいただきました。
とっても人気者の彼。連れて行ってもらったおうちにラッキーをもたらしてくれているでしょうか。
















d0253172_1455421.jpg とぼけたお顔の小さな黒ネコのぬいぐるみ。第一次世界大戦に召集された兵隊さんが弾丸よけとして胸のポケットにこの黒ネコをしのばせていたそうです。
兵隊さんたちは、この平和なぽけ~っとしたネコの顔を見ることで、過酷な現実から少しは目をそらすことができたでしょうか。












d0253172_14171445.jpg 黒ネコブームは海を渡って、日本にもやってきます。手毬で遊ぶねこと招き猫のカップル。ネコらしい美しい曲線とちんまりした可愛らしさが同居している逸品です。











d0253172_14211329.jpg 最後にご紹介するのはユーモラスな形のペン拭きです。ペン先についたインクの汚れをネコの尻尾で拭きました。ねこさん、ちょっと迷惑そう?









ところで、どうして黒猫がイギリスでラッキーアイテムになったのか、はっきりとはわかりません。

ヨーロッパでは昔、黒猫は悪魔の使いとみなされて忌み嫌われ、時には残酷に殺されたりしました。
ベルギーの街、イーベルのネコ祭り(高い塔から生きたネコを投げ落す。今ではぬいぐるみに代わっています)は有名です。

そんな迷信から黒猫を守るために「黒猫を見ると縁起がいいんだよ。」と誰からともなく言い広めることによって、黒猫を守ろうとしたのではないかと私は推測しています。

# by croa-antique | 2011-08-01 14:37 | ラッキーアイテム | Comments(0)

過剰の花束

大学の卒論では芥川龍之介を取り上げたほど、昔から好きでしたが、どういうところが好きなのか、深く得心がいったのはこの4月のことです。

ある新聞に、関東大震災の直後の芥川龍之介の言葉が載っていました。

他の小説家たちが、「この大きな災害の前では文学や芸術など無力だ。」と嘆いたのに対して、芥川龍之介の言葉は以下のようなものでした。

「芸術は生活の過剰ださうである。成程さうも思はれぬことはない。

しかし人間を人間たらしめるものは常に生活の過剰である。

僕等は人間たる尊厳の為に生活の過剰を作らなければならぬ。

更に又巧にその過剰を大いなる花束に仕上げねばならぬ。」


震災から一か月もたたないうちに、こういう発言を発表するにはどれほどの勇気がいったことだろうと思いました。
他の作家のようにまっとうな、万人に受け入れられやすい言葉を書いた方がよほど楽だっただろうに。。。。


ちょうど同じ頃、フランスで「過剰の花束」を必死で作り上げようとしていた画家がいます。

徹底的に、きれいな女性とかわいい犬とネコと鳥ばかりを描いた人。

ルイ・イカール


d0253172_1554292.jpg


ただのきれいな女性の絵にしか見えませんが、タイトルは「手榴弾」(1917年作)
この絵で何を言いたかったのか、わかりにくすぎる!

とりわけ美しいものが好きだったイカールが26歳から30歳の間、兵士として戦地を転々とさせられて、いろんな醜いことやつらいこと苦しいことを嫌というほど経験したと思います。

でも、絵の中にはそういう汚いものをいっさい描くことなく、ただただふわふわと美しいものだけを描き続けたイカールです。


そんな彼も、世界が第二次大戦に向かおうとする頃、とうとう我慢できずに直接反戦を訴える絵を描いて出版しようとしますが、出版社はこれを拒否。絵を売ることもできなくなってしまい、イカールの画家としての生命は断たれます。

龍之介は自死。

1910年代から1930年代、二つの世界大戦に挟まれたアールデコと呼ばれる時代に「過剰の花束」を作り上げることはなんて難しいことだったんだろう。

ほんの少し前のようでいて、けっして手の届かないこの時代のものに対して、興味は尽きません。

# by croa-antique | 2011-07-30 16:26 | アールデコ | Comments(0)

ミルテの花

「ミルテの花」、と聞くと、クラシック音楽がお好きな方はシューマンの歌曲を思い浮かべるかもしれません。

シューマンが結婚前夜に「献呈」という美しい曲とともに、ミルテの花を一輪添えてクララに贈ったと言われています。

d0253172_11515817.jpg

ヨーロッパでは、花嫁のブーケや髪飾りによく使われるミルテの花。











こちらは造花で作られたおかげで150年たった今も、当時のまま結婚式の晴れがましさを漂わせてくれています。

d0253172_1204453.jpg


ドイツのオークションで購入。
輸送中にガラスを割ってしまいました。(泣)

ミルテの花の部分
d0253172_11562157.jpg


花嫁花婿の名前と1864年という日付が読み取れます。
結婚式を挙げた二人はとうに亡くなってしまったけれど、造花のブーケの中に今でもまだ生きているようです。

# by croa-antique | 2011-07-28 12:05 | 音楽 | Comments(0)