過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


パリに買い付けに行ってきます。

黒崎♀は明日5月4日より5月11日までパリに買い付けに行ってまいります。インスタグラムの方では随時パリの仕入れ状況をアップしていきますのでどうぞ引き続きましてご覧くださいませ。

ホームページのネットショップでのご注文は出来ますが、お問い合わせ、ご発送に関しましては帰国後になってしまいます。
どうぞご了承くださいませ。


実店舗は変わらず営業をしておりますのでご来店をお待ちしています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m

d0253172_13233475.jpg
まだ見ぬ過去を求めて。

d0253172_13240019.jpg
美しいフランスの色を求めて。

# by croa-antique | 2016-05-03 13:27 | 店情報 | Comments(0)

帰国しました

昨日黒崎♂ 無事にイギリスより帰ってまいりました。
今回はいつにも増して美しくまた珍しい研ぎ澄まされたアンティークが集まりました。
仕事を始めて45年たちましたがそれでもなお 今までに見たこともなかったような面白い好奇心を刺激するものに出会えることに 19世紀ヨーロッパのアンティークの奥深さを見せつけられます。

クリストファーロビンのような5歳児の心を持って。。。。。
d0253172_11554166.jpg
どうぞご覧くださいませ。^-^

d0253172_11583190.jpg
かわいいヘレナマグワイアの猫ちゃんの絵の珈琲カン。
青ガラスのドングリの香水瓶
アザミと薔薇とクローバーの英国連邦の銀の針刺し
銀のポットのチャーム
小さなオールドノリタケのコンポティエ
象牙の鳥は明治の日本から飛んできたもの
ビアトリクスポターのピーターラビットからいたずらトムキトン

d0253172_11574441.jpg
19世紀末素晴らしい風刺画集の中から。。。
「最新流行」と名付けられたイラスト
美しさの中に毒のある面白い絵です。
リスはきっと剥製^0^

d0253172_11440020.jpg
縮緬本の珍しいカレンダー
小さな象牙の坊やは素晴らしい保存状態で100年間をイギリスで大事にされて過ごしたのち帰ってきました!
手足もすべて象牙で動きます。



d0253172_11534819.jpg
4月、5月。
どのページも子供の風俗が美しく描かれています。

d0253172_11393617.jpg
19世紀のヨーロッパ 貴族の食卓を彩ったカトラリー
銀と金の羊の頭がついた長い串は肉の焼き加減を見るためのものです。
女神のついたシフターはマリアテレジア時代のハプスブルク オーストリーハンガリー製。とても重厚です。食品が直接触れる部分には銀の上から金メッキがかけられて安全の上にも安全を期しています。
右の黒っぽいのはホーン(鹿の角)製です。銀のアザミの装飾の下の金の盾は家紋をそこに彫るためです。
d0253172_11403312.jpg
ミニアチュール(象牙に手描き)とエナメル彩と手法は違いますが大きいのと小さいのが縦に並んだデザインが偶然一緒。
とても珍しいデザインです。
d0253172_11522916.jpg
ディテールいろいろ
小さな小さな十字架にはルビーとダイヤがはめ込まれています。200年近く前のとても古いものです。しもぶくれの天使も同じくらいか もっと古いものです。

d0253172_11505353.jpg
こちらもまたディテールいろいろ
小鳥に乗る天使はボタンです。

d0253172_11493057.jpg
蔦の葉っぱもとてもイギリスらしいモチーフです。^-^
d0253172_11484191.jpg
20世紀初頭に女性たちの間でとても人気があった花籠のデザイン。
ピンクの刺繍にセルロイドの金具が軽妙で楽しいバッグです。
左のコーヒーカンはロイヤルウースターの手描き

d0253172_11475588.jpg
こちらの薔薇は19世紀のプチポワン。
ピンクにグリーンがかった色味が繊細です。
d0253172_11451698.jpg
信仰いろいろ
エジプトの太陽神 スカラベ
ルビーの目の小鬼はケルト
象牙のイエスキリストの緒締めの裏側はドクロです。
とても珍しい輸出用に作られた明治期日本製です。

d0253172_11422709.jpg
生きざまが顔に刻まれているような毅然として美しい女性。
1900年前後に流行した細長い(店でよくネクタイピンと間違われます)ブローチを身に着けています。

まだまだたくさんの商品。。。。。。

徐々に店のほうに出してまいります。
こちらに紹介しているものもすべてまだ出番待ちですので
もし何か特にご覧になりたいものがございましたらお手数ですがどうぞ事前にご連絡をお願いいたします。m(__)m



# by croa-antique | 2016-04-15 12:30 | 店情報 | Comments(0)

イギリスへ仕入れの旅とそれに伴う店の営業についてのお知らせです

黒崎♂は3月28日より4月14日までイギリスに買い付けの旅にまいります。
イギリスの南の先端から北の端までを回って、数多くのアンティークの中でも現代では再現不可能な繊細なモノに特化して選びに選んだものを日本にご紹介したいと思っております。

その間、店の開店が不定期になりますので、当店を目指して来てくださる方がいらっしゃいましたら、必ず事前にご予約をお願いいたします。m(__)m

大変にお手数をおかけいたしますがどうぞよろしくお願い申し上げます。

d0253172_12374483.jpg
d0253172_12353312.jpg
d0253172_12344818.jpg
d0253172_12321835.jpg
これらは自宅で出番待ちのイギリスアンティークの数々。。。
店にはもちろんたくさんの選び抜かれたアンティークがあります。

こんなにあるのにまだ買い付けに???
とよくお客様から言われますが、ハイ  ^-^

病気、、、もとい、仕事です。^0^




# by croa-antique | 2016-03-27 12:44 | 店情報 | Comments(0)

思い出をつなぎ留めるために

生まれた人は必ずいつかは死んでいきます。

それはとても悲しみを伴う事実なので普段はそのことに目を背けて生活していきがちですが、19世紀の人々は現代の我々よりもあえてそれを自覚しようとしていた節があります。

d0253172_01150200.jpg
赤ちゃんの誕生を知らせるカードは19世紀にはほとんど作られていません。
今よりも乳児の死亡率が高かったことも関係しているのでしょうか。。。
10歳前後で行われる初聖体のカードは多く残されていますが、、、

上のカードはお葬式の参列者に配られたデスカードです。
裏側に個人の人生が簡単に説明されています。
その人が高齢で幸せに人生を全うしていると嬉しくなります。

思い出は次第に忘れ去っていってしまうものです。
脱線ですが、私の大好きなピアソラの曲にオブリビオン(忘却)という美しい曲があります。始まって10秒で泣けます。^-^
パリという異邦にあってどんどんと忘れていってしまう故郷アルゼンチンを想って作った曲でしょうか。
BGMに流しながらどうぞ続きをご覧くださいませ。



ビクトリアン時代にたくさん作られたロケットペンダントも、今現在愛している人の写真や髪の毛を入れて肌身離さず持っている場合もありますが、亡くなった人や離れて暮らしている人の物を入れているほうが多いかもしれません。
d0253172_01154697.jpg
日本の影響を受けたデザインの大きな銀のロケットです。

d0253172_01175973.jpg
忘れな草のはかない花が象嵌されたロケット。
裏側には個人の髪の毛が入っています。

d0253172_01190745.jpg
こちらは1800年初期のものです。
この細かな細工!右のアジサイの花とどうぞ比べてみてください。
極小のミクロの真珠に紙で作られた花。上にはやはり髪の毛が編まれて入っています。

d0253172_01184193.jpg
こちらもヘアジュエリー。
1860年前後のものです。シードパールでレースのような模様を作っています。

日本では正直なところこういうものをコレクションしている方はあまり多くありませんので、多くは日本に入ってきていませんが、ヴィクトリアンジュエリーの中でこれらモーニングジュエリーが占める割合はとても大きいのです。
その前の時代、ジョージアンのジュエリーに至っては、もっと多く半分以上モーニングジュエリーなのではないかと。。。。感覚的にですが。

d0253172_01162551.jpg
1790年頃のガラスにエナメル、シードパールの施された板。
指輪などに仕立てられたものです。
時計は人間のこの世での限られた時間を表現しています。

次回、またタイプのことなるメモリアルジュエリーをご紹介いたします。


最後におまけで。。。悲しい中にも嬉しい別れをどうぞ。

やはりピアソラのアディオス ノニーノ (ピアソラがパリにいて故郷の父親が亡くなったことを知った時に作曲した曲です。)
オランダの皇太子の結婚式。お嫁さんはアルゼンチンからやってきた女性。
わけあってお父さんさえ結婚式に出席を許されなかった状況で教会に突如鳴り響くアルゼンチンの曲。これもまた10秒で泣けます。^-^






# by croa-antique | 2016-02-15 01:47 | ヴィクトリアン | Comments(0)

光と影の芸術 19世紀の日傘たち その1

19世紀の貴婦人の必需品の一つでした。
d0253172_12441857.jpg
表面のレースはともかくとして裏側にテンション高く張られた薄いシルクサテンが曲者で、ほとんどがいたんでしまっているのであまり良い状態のものは現存しません。
しかも美しい割には使えるわけでもなくディスプレイとしてもなかなか難しいので簡単に仕入れることは出来ません。

今回は2つご紹介いたします。

まずは黒いシャンティーレースの既婚者用の日傘です。
d0253172_12371862.jpg
d0253172_12362682.jpg

機械なのか手織りなのか私の力では判別不能ですが、素晴らしい彫りの象牙の柄、タッセルの細工も最高級です。
d0253172_12353246.jpg
d0253172_12303052.jpg
d0253172_12310865.jpg
明るい日差しの中でこの傘の下にいたら素晴らしく美しい影絵が見られたことでしょう。
d0253172_12283499.jpg
d0253172_12420914.jpg
シルクサテンは薄いグレーを帯びた美しい真珠色です。
大人の女性の品格を感じさせます。


もう一本は少し小ぶりな茶色とアイボリー色のタティングレースのこちら。
若い未婚の女性のものだったと思います。

d0253172_12383798.jpg
d0253172_12414098.jpg
もこもこと立体的なタティングレースの質感が可愛らしいです。

d0253172_12403732.jpg
裏側は泡立てたバターのようなあたたかな色合い。

d0253172_12374834.jpg

少し破れがあります。
これをさしてのお散歩はとても楽しい気持ちになれそうです。

d0253172_12435111.jpg
2本を並べてみました。

長さに対して傘の部分が現代の物よりもとても小さいです。

d0253172_12461510.jpg
頭の上だけにちょこんとさす感じ。
実用としてではなくおしゃれな装身具としての役割が大きかったのでしょう。

また次回、雰囲気のちがった日傘をご紹介いたします。。。。^-^





# by croa-antique | 2016-02-12 13:02 | 布製品 | Comments(0)