過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
フランス買い付けに行ってきます。
at 2016-11-02 11:19
買い付けに伴う店舗営業変更の..
at 2016-09-19 10:47
9月7日にご来店日変更につい..
at 2016-09-07 18:44
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


思い出をつなぎ留めるために

生まれた人は必ずいつかは死んでいきます。

それはとても悲しみを伴う事実なので普段はそのことに目を背けて生活していきがちですが、19世紀の人々は現代の我々よりもあえてそれを自覚しようとしていた節があります。

d0253172_01150200.jpg
赤ちゃんの誕生を知らせるカードは19世紀にはほとんど作られていません。
今よりも乳児の死亡率が高かったことも関係しているのでしょうか。。。
10歳前後で行われる初聖体のカードは多く残されていますが、、、

上のカードはお葬式の参列者に配られたデスカードです。
裏側に個人の人生が簡単に説明されています。
その人が高齢で幸せに人生を全うしていると嬉しくなります。

思い出は次第に忘れ去っていってしまうものです。
脱線ですが、私の大好きなピアソラの曲にオブリビオン(忘却)という美しい曲があります。始まって10秒で泣けます。^-^
パリという異邦にあってどんどんと忘れていってしまう故郷アルゼンチンを想って作った曲でしょうか。
BGMに流しながらどうぞ続きをご覧くださいませ。



ビクトリアン時代にたくさん作られたロケットペンダントも、今現在愛している人の写真や髪の毛を入れて肌身離さず持っている場合もありますが、亡くなった人や離れて暮らしている人の物を入れているほうが多いかもしれません。
d0253172_01154697.jpg
日本の影響を受けたデザインの大きな銀のロケットです。

d0253172_01175973.jpg
忘れな草のはかない花が象嵌されたロケット。
裏側には個人の髪の毛が入っています。

d0253172_01190745.jpg
こちらは1800年初期のものです。
この細かな細工!右のアジサイの花とどうぞ比べてみてください。
極小のミクロの真珠に紙で作られた花。上にはやはり髪の毛が編まれて入っています。

d0253172_01184193.jpg
こちらもヘアジュエリー。
1860年前後のものです。シードパールでレースのような模様を作っています。

日本では正直なところこういうものをコレクションしている方はあまり多くありませんので、多くは日本に入ってきていませんが、ヴィクトリアンジュエリーの中でこれらモーニングジュエリーが占める割合はとても大きいのです。
その前の時代、ジョージアンのジュエリーに至っては、もっと多く半分以上モーニングジュエリーなのではないかと。。。。感覚的にですが。

d0253172_01162551.jpg
1790年頃のガラスにエナメル、シードパールの施された板。
指輪などに仕立てられたものです。
時計は人間のこの世での限られた時間を表現しています。

次回、またタイプのことなるメモリアルジュエリーをご紹介いたします。


最後におまけで。。。悲しい中にも嬉しい別れをどうぞ。

やはりピアソラのアディオス ノニーノ (ピアソラがパリにいて故郷の父親が亡くなったことを知った時に作曲した曲です。)
オランダの皇太子の結婚式。お嫁さんはアルゼンチンからやってきた女性。
わけあってお父さんさえ結婚式に出席を許されなかった状況で教会に突如鳴り響くアルゼンチンの曲。これもまた10秒で泣けます。^-^






# by croa-antique | 2016-02-15 01:47 | ヴィクトリアン | Comments(0)

光と影の芸術 19世紀の日傘たち その1

19世紀の貴婦人の必需品の一つでした。
d0253172_12441857.jpg
表面のレースはともかくとして裏側にテンション高く張られた薄いシルクサテンが曲者で、ほとんどがいたんでしまっているのであまり良い状態のものは現存しません。
しかも美しい割には使えるわけでもなくディスプレイとしてもなかなか難しいので簡単に仕入れることは出来ません。

今回は2つご紹介いたします。

まずは黒いシャンティーレースの既婚者用の日傘です。
d0253172_12371862.jpg
d0253172_12362682.jpg

機械なのか手織りなのか私の力では判別不能ですが、素晴らしい彫りの象牙の柄、タッセルの細工も最高級です。
d0253172_12353246.jpg
d0253172_12303052.jpg
d0253172_12310865.jpg
明るい日差しの中でこの傘の下にいたら素晴らしく美しい影絵が見られたことでしょう。
d0253172_12283499.jpg
d0253172_12420914.jpg
シルクサテンは薄いグレーを帯びた美しい真珠色です。
大人の女性の品格を感じさせます。


もう一本は少し小ぶりな茶色とアイボリー色のタティングレースのこちら。
若い未婚の女性のものだったと思います。

d0253172_12383798.jpg
d0253172_12414098.jpg
もこもこと立体的なタティングレースの質感が可愛らしいです。

d0253172_12403732.jpg
裏側は泡立てたバターのようなあたたかな色合い。

d0253172_12374834.jpg

少し破れがあります。
これをさしてのお散歩はとても楽しい気持ちになれそうです。

d0253172_12435111.jpg
2本を並べてみました。

長さに対して傘の部分が現代の物よりもとても小さいです。

d0253172_12461510.jpg
頭の上だけにちょこんとさす感じ。
実用としてではなくおしゃれな装身具としての役割が大きかったのでしょう。

また次回、雰囲気のちがった日傘をご紹介いたします。。。。^-^





# by croa-antique | 2016-02-12 13:02 | 布製品 | Comments(0)

マルチーズレース コレクション

マルチーズレースはマルタ島に伝わるシャンパンベージュの美しい光沢のシルクの糸で織られたボビンレースの一種です。デザインに特徴があってすぐにそれとわかるのですが、何よりも象徴的なのはマルタ十字と呼ばれる十字架のモチーフです。

d0253172_11563154.jpg
本物のマルタ十字はどれだ?

帽子はテンプル騎士団のマーク、右のメダルはヴィクトリア女王のジュビリーに作られた記念のメダルです。左のカルセドニーの物はマルタクロスぽくデザインされたブローチ(一番上のパーツが失われています!)
最も近いのは緑色の紋章で、このように角が8つあるのがマルタクロスの特徴ですが、これがマルタクロスかというと、、、、う~~ん、十字架のデザインは様々に派生しているので素人には歯が立ちません。

店の方には純正のマルタクロスのものがいくつかあると思うのですが自宅では発掘できませんでした。^-^残念!
また何か見つかったら追加します。

レースに話を戻します。
大好きなパリのヴァンブの蚤の市でのこと。いつもとても筋の良いオブジェを持ってくる業者さんのところに大量のマルタレースが置いてありました。

聞くと、あるお屋敷のエステートセールでまとまって売りに出されていたものだとのことでした。

その数7点。

どれもとても状態が良く美しいものでしたので丸ごと譲っていただきました。

d0253172_11565668.jpg
ピンクの裏布がついたポーチ。
薄い、などという言葉では到底表現できない人間が機械で作ったとは信じられない薄さのシルクの布のついたハンカチ。
そしてミトン。

ミトンと言うと今ではドラえもんの手みたいな親指以外の指が一体になった丸っこい手袋のことをすぐに思い浮かべますが、19世紀のミトンはこのような形状でした。

ミトンの着用例。
d0253172_11560438.jpg
とてもエレガントです。
確かに「個々に指を包む部分がない」という意味では今も昔もある意味同じですね。^-^

d0253172_12010726.jpg
d0253172_12003430.jpg
d0253172_12013493.jpg
凶暴とも思えるほどのこの光沢。。。
なるほどシルクというのは動物の体から生み出されたものなんだなあと実感します。

d0253172_12000639.jpg
成人女性サイズの胸元飾り
両端の小さなものは子供用のカフスです。

d0253172_11583135.jpg
胸の中心にマルタクロス
d0253172_11574753.jpg
小さなカフスの中心にもやはりマルタクロスが。

d0253172_11591712.jpg
そして子供サイズの襟飾り。
大人の方がシャープなイメージなのに対し、こちらは丸っこく可愛らしいデザインです。

最後に大きなショールです。

d0253172_12020515.jpg
こちらはネットショップに値段をつけてお出ししました。


さてしかし、、、今までずっと一緒にいたものをこうやってばらばらに売ってしまって良いものなのか??という疑問が今でも私の中にあります。

いや、いかんだろうなあ~~~~という気持ちがむしろ大きいかもしれませんが、このコレクション、一体日本でまとめて引き受けてくださる方がいらっしゃるのかどうか。。。

なので、他のものはばらさずにここでひっそりとご紹介するにとどめておきます。
いつかどなたかの目に留まってお問い合わせいただけますように。m(__)m

願わくば私が死ぬまでにぜひそういう方が出現してほしいものです。。。^-^




# by croa-antique | 2016-02-11 12:30 | 布製品 | Comments(0)

黒猫の系譜

まずは数年前に書きましたこちらをお読みくださいませ。→m(__)m

不吉と言われ迫害の歴史が続いていた黒猫に救いの手を差し伸べたイギリスではモヘアの起毛布地を使ったぬいぐるみと言うものが作られ始めるようになったごく初期から黒猫のぬいぐるみが作られました。
時代にすると1900年から1910年にかけてがその最初だと思います。

今日ネットショップでご紹介した黒猫はその中でも最も古く大きいレアな黒猫ちゃんです。
どっしりとした風格があります♪
d0253172_11103667.jpg
同様のタイプの普通サイズの子たち。
どの子も尻尾は動物の毛が使われています。
d0253172_11135584.jpg
このように4本の足で踏ん張ってお尻をあげて威嚇しているようなポーズの猫はなぜかトムキャットと呼ばれています。
謂れはちょっとわからないのですが。。。

このトムキャットはシュタイフでも数種類作られました。
よく見かけるタイプはこの子です。

d0253172_11151886.jpg
1930年代のシュタイフ製。
左の小さな双子はメーカー国籍不明です。。。。同時代のチビチビちゃん。

実はシュタイフは1910年代にもタイプの違ったトムキャットを作っています。
しかし!!
これがまあ幻もいいところ。。。。
私はオークションカタログの写真で見たことはありますが、実物は触ったことはもちろん見たことすらありません。
持っています!という噂すら聞かない。。。。><
生きている間にどんなにボッロボロでもいいから一目見てみたいものです。

幻の1910年代シュタイフトムキャットはこちらです

d0253172_11085815.jpg
なんとなんとこの時代にあってオープンマウスです!シュタイフのオープンマウスの歴史はすでにここから始まっているのですね。^-^

トムキャット以外のイギリスの黒猫キャラクターをご紹介いたします。
d0253172_11132473.jpg
でかさでは負けてないぜ!
ファーネル社のフィリックスザキャット 1920年頃
d0253172_11111238.jpg
これも数年前はひょこひょこ見つかったのに最近影も形も消えてしまいました。
EINCO社のFIFI

d0253172_11113689.jpg
ボンゾのお友達 ウールーの香水瓶 1930年頃

d0253172_11402324.jpg
可愛いブリンキーちゃん  ファーネル社 1920年代

d0253172_11142103.jpg
いつも喧嘩だけど仲良くお寝んね トムとジェリー メリーソート社 パジャマケース

d0253172_11145193.jpg
この子は戦後ドイツの子です。名前度忘れ~~~><

イギリスから始まった黒猫愛は海を渡って1920年頃、アールデコの波に乗って日本にもやってきました。
それはもう様々数限りない黒猫グッズが作られています。
d0253172_11172736.jpg
木製小物入れ。
和猫と言えば尻尾の短いネコをすぐに思い浮かべます。
こんなひょろっとした長い尻尾の猫も古くから土着していたんでしょうか?
それともこの時代に海を渡ってやってきたのでしょうか???

最後におまけで黒猫ラッキーグッズを少しだけご紹介いたします。

d0253172_11160287.jpg
集め始めるときりがないけど楽しいポストカードたち。
真ん中の屋根の上の猫とぬいぐるみの構図、昨日インスタグラムに上げた写真と偶然そっくりです!^0^

d0253172_11164039.jpg
マッチ箱は結婚式のケーキの飾りを入れてしまっておくためのものです・
革製の2匹はグッドラックのおまじない6ペンス銀貨を入れて持ち歩きました。






# by croa-antique | 2015-12-13 11:48 | ラッキーアイテム | Comments(2)

デコパージュ? コラージュ?

今回のパリの買い付けで一つとても衝撃的な出会いがありました。
見つけたのは11月8日のクリニャンクール。
その5日後にパリの同時多発テロが起こり週末の蚤の市は全て閉鎖されたことを考えると余計にその出会いが不思議なことに感じられます。

場所はクリニャンクールの中でも大きなアンティーク家具やナポレオン3世様式以前の豪華な調度品ばかりを扱う高級ショップが並ぶ一隅で、普段は行かない場所でしたが、その時はなんとなくふらふらと迷い込んでいったのでした。

d0253172_12532029.jpg
この奥にそれはバラバラの状態で放り出すように置いてありました。

見たときに、これを作ったのは前世の自分ではないかと思いました。^0^
そのくらい趣味がドンピシャだったのです。

d0253172_12464016.jpg
これです。
大きな4面のスクリーン。

1枚の絵に見えますが、これは19世紀に発明されたクロモリトグラフ(多色石版印刷)という、世界で初めて大量にカラー印刷を可能にした手法によって印刷されたイラストを集めて自分の好みの部分を切り抜いて組み合わせ貼って、最後に膠でコーティングをしたものです。

クロモリトグラフと現代のオフセット印刷の一番の大きな違いは、今の印刷は全ての色を赤、青、黄、黒の4つの色だけで印刷しますが、クロモリトグラフは目に見えている全ての色を何十種類も顔料を乗せていくことによって表現します。

クロモリトグラフ以前には、印刷物に色をつけるには手彩色と木版画以外にはありませんでした。手彩色は大変に手間のかかることですし、手間を考えると色数も限られてしまいます。
木版画もやはり色数は限られますし、鮮やかな色を出したり、細かい仕事は出来ませんでした。
しかし、クロモリトグラフによって細かい表現も鮮やかな色も可能になり、しかも大量に作ることが出来たので、その時代になって初めて多くの人は鮮やかなカラー印刷の世界を知ることになったのです。
たくさんの人がクロモスに魅了されたのもうなづけます。

このスクリーンには木版画も多く使われていますが、クロモスも混じっていて、1870年代、クロモスの出回り始めた時代のものであることがわかります。
d0253172_12525518.jpg
作ったのはとても動物の好きな人だったのでしょう。
犬のお手入れをしている少女は木版、回りの犬たちはクロモスです。発色の違いがよくわかります。

d0253172_12522366.jpg
手紙をあげようとしているのは鳥に?小さな人たちに?
d0253172_12515211.jpg
犬とともに囲む食卓。
両端の男女は同じ絵ではなく別々の絵から切り抜かれて組み合わされています。
d0253172_12511458.jpg
リアルな赤ずきんちゃんと巨大なアザミ
d0253172_12504091.jpg
永遠の子供時代
d0253172_12481070.jpg
冬の朝
d0253172_12471633.jpg
氷の世界

d0253172_12495604.jpg
裏面は水のイメージです。
巨大な白鳥のいる水辺の風景

d0253172_12491798.jpg
このように自分の思うがままの世界を簡単に表現できるのが素晴らしいです。
スクリーンだけでなくスクラップアルバムと呼ばれるアルバムにたくさんのカードやクロモスを貼って楽しむことも盛んでした。

どのアルバムも作った人の趣味や性格が反映されていて見ていて飽きることがありません。

d0253172_18280524.jpg
何が何でも空間を埋め尽くしたい人

d0253172_18294155.jpg
きっちり1ページに2枚ずつ、いつ誰からもらったかもちゃんと記録して。。。
きまじめ几帳面な人

d0253172_18283980.jpg
この人の中にはきっと1ページごとに物語があったのだろうなあと思わせる人

d0253172_18291323.jpg
モノクロの印刷物を混ぜるとシックなイメージになります。
1870年代以前や1880年代初期の古いアルバムに多いです。

d0253172_18301293.jpg
これを作ったのは特別な才能がある人です。手描きの線がとても美しく配置も趣向が凝らされています。真ん中の円は紙がくりぬかれていて、下に置く絵によって雰囲気が全く変わるようになっています。

d0253172_18304603.jpg
同じ人が作った別のページ
男性だったのかもしれませんね。。。

d0253172_18311383.jpg
美しい筆致の文章や手描きの絵とイラストとの組み合わせも1870年代以前の古いものに多いです。

昔の人の字は本当に美しいですね。。。。

さてさて、このように既存のイラストを切り抜いて好きなように配置して作る作品のことをコラージュと呼んだりデコパージュと呼んだりします。

コラージュとデコパージュの違いって何だろう。。。とちょっと調べてみたらとても面白かったです。

デコパージュとはフランス語の DECOUPER(切り抜く)という言葉が元になっていて、つまりは「紙を切り取る」ということ。

対してコラージュはやはりフランス語の COLLER(糊で貼る)という言葉が元になっていて、「何かを貼っていく」ということ。

d0253172_12535024.jpg
このネコちゃんたちのうち、男の子がやっているのがデコパージュで女の子がやっているのがコラージュです。

コラージュを作るには材料は紙とは限らず要はそこらへんにあるものなんでも貼っていけばコラージュですが、デコパージュの場合は紙(布も?)に制限されます。
「切る」という作業に重きが置かれるんですね。
そしてあくまでも平面で展開されるのがデコパージュで、コラージュは立体でもなんでもありという感じでしょうか。

今ではデコパージュは装飾の分野で主に使われ、コラージュというとちょっと高尚なゲージュツ^-^の分野というすみ分けもあるようです。

私はコラージュは全然持っていません。
なんでだろうと考えてみたら、19世紀にはコラージュと言うものは存在しないんですね。戦後でしょうか、比較的新しい手法のように思います。素材としてアンティークが使われていたとしても最近の人の趣味嗜好が入ってくると私には興味がなくなるようです^-^


唯一惹かれて買ったコラージュ

d0253172_18541768.jpg
アンティークのプリントに髪の毛やコード、リボンなどがあしらわれています。
この人の感覚は好きだな。♪

カラーであることが当たり前の今ですが、19世紀の色は特別です。
機会がありましたらぜひ小さなアンティークのカード一枚を手に取って、19世紀の色を実感していただけるととても嬉しいです。























# by croa-antique | 2015-11-26 13:20 | 紙もの | Comments(0)