過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
フランス買い付けに行ってきます。
at 2016-11-02 11:19
買い付けに伴う店舗営業変更の..
at 2016-09-19 10:47
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

初聖体カード

カソリック教徒の方はもちろん、小さい頃にカソリック系の幼稚園や日曜学校に通った経験のある方は小さな手札サイズのキリスト教の教えがイラストになった美しいカードを手にした記憶があると思います。どれにしようか迷うのも楽しかったなどという経験を聞くと羨ましくなります。^-^
私は幼稚園はキリスト教系でしたがプロテスタントのバプテスト教会だったので小さなカードを目にし、手に取る機会はありませんでした。

今ではパリのアンティークマーケットを巡ればたくさんのホーリーカードと呼ばれるカードを目にする機会は多くあります。
でも、一枚一枚選ぶと案外ばかにならないお値段。。。

なので数を集めることはなかなかに難しいことです。

今回は縁あって一挙に良い絵柄の物をたくさん入手できましたのでご紹介いたします。
一枚一枚ももちろん美しいのですが、まとめて目にするとその静かな平穏な世界に心が落ち着きます。
色合いも、使われているどの色にもほんの少し薄墨を落としたような枯れた青、ピンク、黄色、、、、さすがフランスの感性だなと思います。

今回のホーリーカードの多くは初聖体のカードが多く、前の所有者様がこだわって集められたのでしょうか。

d0253172_13383442.jpg
カソリック教の方たちが10歳前後に行う拝礼の儀礼です。

d0253172_13401310.jpg
裏に儀式が行われた日付とその人の名前が印刷されています
たくさん作って回りの人に配ったのでしょうか。

d0253172_14022519.jpg
これは完全な形で残っているのがとても珍しいものです。
d0253172_14025922.jpg
左の写真はおじいちゃんおばあちゃんの姿でしょうか。
メダイも外されることなくそのままの状態で残っています。
とても個人的なスーブニールです。

d0253172_13420478.jpg



d0253172_13393161.jpg
d0253172_13375835.jpg
150枚以上あります。
店頭にて一枚100円~~300円で売っています。(30日に持っていきます。)
ぜひお気に入りの一枚を見つけにいらしてください♪





by croa-antique | 2015-06-28 14:07 | 紙もの | Comments(0)

動物の毛並を表現する

動物の姿を写し取ったぬいぐるみの材質といえば20世紀以降はモヘア生地が主流ですが、今回はそれは置いておいて・・・・
d0253172_13360313.jpg
これはアンティークではありません。
20年くらい前に浅草の仲見世の中ほどにあるぬいぐるみ屋さんで買った狆のぬいぐるみです。とても良く出来ています。
使われているのはウサギでしょうか?よくわかりませんが、何かの動物の毛皮を利用して作られています。

動物の毛皮を利用して動物のぬいぐるみを作る。
大変に合理的と言いましょうか、毛は神様がすでに完璧に植えてくださっていますので表現手段としてこれほど手軽なものはありません。
d0253172_13372199.jpg
カミサマの完璧な仕事の例。
これらは生きていた時の姿そのままに作られた剥製です。
白と黒、白とオレンジの絶妙なアレンジメント♪

さてさて、人間の仕事に話を戻します。
d0253172_13363263.jpg
これは19世紀中頃、ナポレオン3世時代に作られた犬のぬいぐるみです。
やはり何らかの動物の毛皮を利用して作られています。
頭部が蓋になっているキャンディーコンテナです。
d0253172_13382394.jpg
19世紀末のフランス製、毛皮製の動物いろいろ
ボルゾイはファッションドールのお供としてとても人気のあったモチーフです。

翻って日本では、明治時代になって西洋の文化がどっと入ってくるまではこのような表現方法をとることはありませんでした。

今でこそ、靴、バッグ、冬用の洋服、身の回りのいろいろな物を動物の革のお世話になっていますが、これらはもちろん日本独特の風習にはないことです。
ぬいぐるみももちろんです。
d0253172_13384863.jpg
明治時代の山羊のぬいぐるみ
このリアルな毛並は、神様ではなくかつての日本人の職人さんが絹糸を一本一本手作業で植えて作ったものです。
毛植え人形という名前で呼ばれています。
昔の雛人形で官女が狆を引いている狆引きと呼ばれる人形の狆にもこの技法が使われていました。
d0253172_13365638.jpg
これらは雛人形の狆ではなく単独でぬいぐるみとして作られたものです。奥の大きい2体は明治、手前の小さいのはおそらく江戸期です。
d0253172_13331345.jpg
d0253172_13323612.jpg
目を比べてみると時代の違いがわかります。
大きい2体の目は練り物ですが、江戸の犬には見事な紫の江戸硝子の目がはめ込まれています。
毛は江戸の物も明治の物も同じ技法で絹糸を1本ずつ手で植えて作られています。

まるで「立体日本刺繍」とでも呼びたくなるこれらの可愛らしいぬいぐるみは、西洋流の、動物の肉を食し、残った皮革を身の回りの物に利用するという肉食文化の影響を受ける以前の大和日本の繊細な心情、奥ゆかしくこまやかな手作業の魅力を今に伝えてくれます。

d0253172_13351324.jpg
日本刺繍による黒猫の表現。
ひたすらに絹糸を刺して刺して刺して。。。
これもまた大変な作業です。

昔、日本刺繍をやりたいなと思ったことがあってちょっと調べて見たら、日本刺繍は糸をよるところから自分でやるのだそうです。
その時の気温、湿度、自分の体調によっても糸の表情は微妙に変わってくるそうで、当然ながら指先がざらついていたりしたら糸をよることはできません。
もうそれを聞いただけでさっさと逃げ出しました。^-^

日本刺繍も毛植え人形も世界に誇れる日本独自の素晴らしい表現方法だと思います。

*おまけの(親ばか)画像*
d0253172_13395921.jpg
我が家の三女の毛並(神様製)
注)生きています。^-^


by croa-antique | 2015-06-15 14:11 | 動物文様 | Comments(0)

ぺっちゃり ぺっちゃんこ

少し前にこちらでご紹介したカエルの開きです。^0^

d0253172_14235868.jpg
1920年~1930年頃、ヨーロッパで作られたベークライト製のアクセサリーで、アールデコデザインとして大変に有名なものです。

カエルの背中を中心として真上から見おろしたデザイン。

このような視点はヨーロッパのデザインとしては19世紀末まではあまり例がなかったと思います。
特に絵画の世界では、ヨーロッパの人々の関心は主に物体や風景の奥行き、立体感にあって、いかに写真のように物事を写し取ることができるか、というのが最大の関心事だったように思います。
そういう観点からは上の蛙のようなぺっちゃりとして見える視点は表現者にとってはおそらく大いに興味をかきたてられるということはなかったのでしょう。

翻って、日本では伝統的にこの背中を中心にとらえた視点のデザインが数多く作られました。
d0253172_14190013.jpg
べっちゃりウサギの金具
d0253172_14205349.jpg
鳥の開き的デザイン 銅製小皿

d0253172_14212140.jpg
水に浮かべて遊ぶ平べったい金魚 ブリキ製

d0253172_14195908.jpg
明治末期~大正初期の名刺入れ。
羽箒で遊ぶ子ネコの背中からおしりにかけてのデザインが可愛い日本刺繍

これらのような視点はとても日本独特のもので、古い時代の西洋にはあまり見られません。

19世紀末、パリやロンドンで万国博覧会が開かれて日本の美術品や工芸品が数多く西洋に紹介されて、各方面に多大な影響を与えることになりましたが、このぺったりべっちゃりとしたモノの見方、視点もそのうちの一つだったと思います。

d0253172_15094854.jpg
この写真だけで伝わるでしょうか?
魚眼レンズで撮影されたかのようにデフォルメされたウサギ。
1930年頃のイギリスの陶器ですが、とても愛されたようで、様々な色や形でたくさん作られました。
真正面からウサギの顔をとらえています。
この造形もとても日本的なものを感じます。



by croa-antique | 2015-06-08 15:22 | 日本製のカワイモノ | Comments(0)

西洋版 勾玉 ?

1830年頃から、古代エトルリアの遺物が続々と発掘されてヨーロッパの人々はその細工の緻密さに驚くことになりました。
ジュエリーの世界では特に粒金細工という、極小の金の丸い粒を使ったジュエリーが人々の心をとらえ、当時の彫金師たちはその技法を独自に開発してエトルリア様式のジュエリーが次々と生み出されました。
そのご紹介はまたいつかまたこちらでしたいと思います。

d0253172_01302201.jpg
1830年頃にイタリアで作られたサンゴのチャームです。
左側の水差しの形にエトルリアの影響が見られるように思います。

しかし今日の主役は、向かって右から2番目にぶら下がっているひゅるんとした細長いモノ。

これは一体何の形に見えますか?

これは西洋ではグッドラックのお守りとして伝統的に身に着けられている物体です。
最近では何をどう間違ったか某有名ブランドで「金運アップ」を謳って商品化されたこともあります。
日本の招き猫が今ではすっかり商売繁盛のシンボルになってしまって、お客様やお金を招いてくれるモノという認識になってしまったのと同じ経緯でしょうか。

この細長い物体の由来に関する説は2種類あって、動物の角を模したものという説と、人間の魂の形を表したものという説があります。

それで思い出すのは「勾玉」です。

全くの門外漢なのでネットでにわか勉強してみたところ、勾玉のあの形にはいくつかの説があって、胎児の形、三日月の形、というのもありますが、動物の牙、という説と、魂の形を表したもの、という説も存在するようです。

西洋と東洋のこの二つの形、細長くねじれているのと、丸っこく丸まっているという違いはありますが、根っこでつながっていてどこかとても良く似ていると感じます。一番の類似点は、どこにもごつごつしたところがなくすべすべつるんとなめらかなところです。
元々は動物の牙や角の形だったとしても、それが抽象化されて実際の形を持たない可動なもの、様々に自由に形を変えられるもの、目に見え、手に触れることの出来る実体のないものに変化していったことの表れのように感じられるのです。

たぶんこれらの由来に関して最も妥当なのは、動物の角や牙の形というのが常識的な感覚なのでしょうけれど、火の玉の形もほうふつとさせるこれらの形は「魂」の形を表したものであるという説もなかなか捨てがたいと感じます。

古い時代の人々ほど、アクセサリーをただの飾りとしてではなく、もっと強い願いや思いを込めたもの、自分の身を守ってくれるお守りとしてや、神様とつながるための手段として身に着けたり、大切な人にあげたりしたように感じるからです。

*追加のお話

ブログを読んでくださったお客様からメールを頂いて、インド、中東のペイズリー模様もまたつながっていることを教えてもらいました。
ペイズリーも由来は水滴、魚、葉っぱ、糸杉、など形の起源は諸説あるようですが、その根本にあるのは「生命力」だそうです。
まさに「魂」そのもの。
世界はつながっているんだなあと感じます。
d0253172_11115451.png






by croa-antique | 2015-06-07 01:59 | ラッキーアイテム | Comments(1)

インコのいる風景

you tubeでとても感動的なインコの赤ちゃんの成長記録を見つけたので貼ってみます。障害をもって虚弱に生まれてきた子を元気な兄弟たちがちゃんと面倒をみてあげています。
動物の世界は弱肉強食で弱いものは死んでいく。。。みたいな漠然としたイメージがあったのですが、(実際そういうことも多々あるのだと思いますが)それだけではないんだなあとじんときます。^-^


インコがヨーロッパに紹介されたのはそんなに古いことではなく19世紀の半ば頃だそうです。
d0253172_00221545.jpg
奥のニードルワークは買った業者さんから「ビクトリア女王の子供の頃の姿だよ。」と教えてもらいました。元になった絵があるのでしょうか。
ビクトリアンの初期はきっと王侯貴族階級でなければインコなど飼うことはもちろん目にすることもなかったでしょう。

d0253172_10044988.jpg
1875年のカード。異国の珍しい鳥を紹介する、という感じでしょうか。次のページの愛犬の写真と好対照な取り合わせです。

d0253172_00252479.jpg
1880年頃のスクラップアルバムです。
一枚の絵ではなくて、貼った人がいろいろなスクラップを切り貼りして自分の好きな世界を作っています。
エキゾチックな南方の鳥と一緒に飼いならされたピンクのオウムのスクラップが貼ってあります。
食卓の上を鸚鵡と極楽鳥(?)が飛ぶ、空想の楽しい世界です。

d0253172_00255851.jpg
こちらは1890年頃のイラストです。
人形たちに勉強を教えているインコ。
でも、胴体がなんか変。まるで鳩みたいです。
しっぽは明らかに間違ってますね。^0^
これを描いた人はインコの実物を見ることなく想像しながら描いたのでしょう。。。

d0253172_00262844.jpg
1895年頃のフランスのデパート、オーボンマルシェの広告カードです。
これはもう写真のようにリアルです。
インコがヨーロッパにやってきて50年。
きっとたくさん繁殖して人々に身近な存在になったということだと思います。

d0253172_00225779.jpg
1900年頃のアーツアンドクラフツの水差し。
とても力強い造形です。

d0253172_10051735.jpg
同じく1900年頃のビエナブロンズ。仲良くくつろぐ2羽のインコ。
d0253172_00270736.jpg
ボンゾちゃんとインコ 1927年

今私の回りでもインコを飼っている人はとても多いですが、これって今の時代だからこそのことなんだなあと19世紀のヨーロッパの歴史の遺物を見ていくとしみじみとした思いになります。

*おまけの画像
友人のインコを預かった時の写真です。
d0253172_00273022.jpg
はろー

d0253172_00275424.jpg
一緒にあそぼー 

異種の動物同士でもちゃんとまっとうに心を通わせ合うことが出来ます。^-^


by croa-antique | 2015-06-04 00:49 | 動物文様 | Comments(0)