過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ニードルケース いろいろ

裁縫道具特集、今回は針入れの数々です。

まずは最も古いものから・・

d0253172_22303303.jpg
1800年頃の物です。画像では大きさが全く伝わらないと思いますがとても小さいものです。
d0253172_22310118.jpg
金具もすべて金でできています。本体の黒いものは何だかお分かりでしょうか。

これは象牙を黒く染めたものです。
なぜにわざわざ白い象牙を黒くして使用するのか??
このような技法はヨーロッパだけでなく、中国でも日本でも見られます。
純金の上から漆黒の漆を塗ってわざわざ真っ黒にしているものもあります。

d0253172_22290182.jpg
ビクトリアンの銀製。
割とよく見られるタイプです。
d0253172_22300145.jpg
同時代の革製。型押しされたリスが可愛い手のひらサイズです。

d0253172_22293140.jpg
中はネルの布に油紙。
針を錆びさせないためのお約束の材料です。

d0253172_22282803.jpg
クロモスの少女が可愛い小さなニードルケースとキャラメル型の待ち針刺し。

そして携帯用のお財布型のニードルケースは驚くほどのミントコンディションを保っています。
仕事柄古いものがきれいな状態で残っていることに遭遇するのは珍しいことではないのですが、この革のケースに関しては驚くというのを通り越してあっけにとられるほどの状態です。

d0253172_22280382.jpg
中のシルクの色もこの通り!
針と一緒に手鏡や爪のお手入れセットも一緒に入っています。
それだけ、当時の女性にとって針と言うものが身近にあったということだと思います。

d0253172_22272239.jpg
小さな箱型のニードルケース
蓋を開けると・・・・・

d0253172_22265540.jpg
左の物は蛇腹状に、右の物は放射線状にパタパタと開かれます。
真ん中には糸巻が。
d0253172_22251139.jpg
オリジナルの箱も残っている大きめのタイプ。
これには糸巻入れと針刺しも真ん中についています。
お裁縫がより楽しくなってくるようなニードルケースの数々です。


by croa-antique | 2015-05-27 22:50 | ヴィクトリアン | Comments(0)

変わり種 アンティークのピンクッションいろいろ

アンティークの裁縫道具シリーズ、今回はピンクッションです。
まずは古いものから。。。

d0253172_11154349.jpg
1800年頃、ジョージアンの小さな小さな針刺し。
イチゴのエメリー(と言うのですね、最近お客様から教えていただきました。中に砂鉄が入っているので小さいですがずっしりとしています。)の地肌はとてもきめが細かいので現代の針を刺したら事故になってしまいます。
同時代のほそーい針ですとすっと抵抗なくさすことができます。
にしても当時の針穴の小さいこと!!

上の勿忘草の花のビーズ刺繍の物はリバーシブルです。
d0253172_11171834.jpg
フルーツ繋がりで1930年頃のセルロイドのテープメジャーも一緒に写してみました。
洋ナシの物はテープを引き出す先にハエがついています。

続いてビクトリアン、19世紀後半の真鍮製の動物たち
d0253172_11193943.jpg
カエルは刺す部分のビロードもオリジナルですがヒヨコの方は替えられています。
オリジナルのシルクは発色が美しいですね。

d0253172_11190545.jpg
19世紀中頃の物。これらもオリジナルのままです。
赤の発色が鮮やかで上品です。
銀の靴のピンクッションはイギリスの定番デザインで今でも作り続けられていますが、作りはどんどん雑になっています。

d0253172_11165209.jpg
アールデコ時代に大流行したハーフドールのピンクッションタイプ。
これも針刺し部分がオリジナルであるものはとてもレアです。

d0253172_11181048.jpg
これらも1920年代、アールデコの時代の物です。傘とバッグを持ったビスクの少年はキューピーにも同じのがありますね。
真鍮のビリケンさんはドイツ製。背中の穴に針を刺します。
白クマは当時初めてヨーロッパの人々に広く紹介されました。
ペンギンやパンダも時期を同じくしてヨーロッパの人々の知るところになりました。
白と黒の流行したアールデコ時代にこれら、白と黒の動物が紹介されたというのは非常に面白い現象です。
いずれブログのテーマにしてみたいです。

ちょっと時代を前に戻しまして。。。。。

d0253172_11162255.jpg
不精をして店のディスプレイのままですが、、
ビクトリアンのニードルワークとビーズワークの組み合わせの大ぶりな針刺し。
ピンはピンでもこのようにピンブローチをディスプレイするためのものだったと思います。
ふっくらと美しく存在感があります。

最後にとっておきの変わり種のピンクッションをご紹介いたします。

d0253172_11231166.jpg
胸に一抱えもあるとても大きなものです。

d0253172_11205849.jpg
下になっているのはマルタクロス型

土台に虫ピンで大小のビーズを刺すことによって作られています。
これらの物を作ったのは、19世紀末、戦争に駆り出された海軍の水兵たちです。
長い長い航海の船の中、男たちは夜な夜な故国に残した恋人や妻の顔を思い浮かべながらひと粒ずつピンを刺していきました。

そして完成したものをクリスマスプレゼントとして女性の元に送ったのです。

作った男たちも無事に愛する人の元に帰りつくことが出来たでしょうか。

d0253172_11223216.jpg



**おまけの画像**
d0253172_11202111.jpg
19世紀の針いろいろ
デザインが一つ一つ可愛くてたくさん集めたくなります。
そして古い時代の針の美しさ!!
高級ジュエリーのように手間をかけて作られています。





by croa-antique | 2015-05-20 11:49 | 布製品 | Comments(0)

涼やかな風をまとう

1週間のパリ買い付けより戻ってまいりました。
もし時期が1週間前にずれていたら、毎日どしゃぶりの大雨の中を移動しなければならないところでしたが、お店においてある山盛りのラッキーの神様が見守ってくださっているおかげか、とても良いお天気に恵まれて5月のパリを満喫することができました。

すでにインスタグラムでいろいろ画像をご覧に入れてありますので重複してしまいますが、梅雨から初夏に向かう日本にふさわしい涼やかな白い陰影をどうぞお楽しみくださいませ。

d0253172_00171274.jpg
ふんわりと軽いオーバーブラウスは19世紀の物なのに、まるで現代のオートクチュールのようなシャープな美しさです。
フリルは一枚の布の両サイドをまつって、間に二本のステッチを施してギャザーを
寄せることで作られています。
驚くべきことにすべてが手縫いです。

d0253172_00123712.jpg
袖口のアップ。
たった一枚の平らな布を針と糸でここまで立体に仕上げる昔の人の技術と根気にただただ脱帽です。

同じく言語を絶する根気によって総カットワークと手刺繍によって仕上げられた小さな小さなベビードレス。
d0253172_00110631.jpg
着ているのは26センチのAMのドリームベビーです。
ものすごく愛されたんだろうなあ~というのが針目の一つ一つから伝わってきます。

d0253172_00115920.jpg
20世紀初頭のミシン刺繍のチュールと卵の殻色の美しい光沢のレーヨンのアンダードレスの二重仕立てのベビードレス(実際の赤ちゃんサイズです)
当時のレーヨンの独特の柔らかな手触りで、触れていると自分の気持ちもやさしくなります。

d0253172_00113244.jpg
こちらは19世紀のベビードレス、総手縫いです。手刺繍によるふっくらとした薔薇の模様が素晴らしい作品です。

また明日から詳細はネットショップの方でご紹介してまいりますのでどうぞご覧くださいませ。

p.s. AMのドリームベビーについてお電話をくださったW様。
   メールを差し上げたのですが戻ってきてしまいました。
   またどうぞネットショップの方でご確認くださいませ。
   よろしくお願いいたします。m(__)m




by croa-antique | 2015-05-14 00:36 | 布製品 | Comments(0)

パリに買い付けに行ってきます

前回のイギリス買い付けで黒崎♂が仕入れてきた商品が徐々に店頭の方に出ている最中ですが、明後日6日から13日まで黒崎♀がパリに買い付けに行ってきます。
それに伴いまして例によって、ネット経由でのお問い合わせ、ご注文などに一切ご対応ができませんのでどうぞご了承くださいませ。

店舗は通常通り営業しています。

今回は初めての試みでインスタグラムを通してパリの様子をリアルタイムで少しばかりご紹介してみようかなと思っておりますのでお時間ありましたら時々覗いてみてください。^-^

鼻の良い猟犬のように嗅覚を研ぎ澄ませて面白いものを発掘できたらと思っています。

d0253172_00141229.jpg
写真は19世紀の銀製の犬笛。
小さいながらも眼光鋭い犬の横顔がリアルに表現された名品です。


by croa-antique | 2015-05-05 00:25 | 店情報 | Comments(0)

色いろいろ

昨日店でお客様とお話をしていて、自分はずいぶん「色」にこだわりがあるんだなあとあらためて感じました。

目で何かを見るという行為も、人によっていろいろ好きな観点があります。

まず「動き」を見るのが好きな人。
きっとスポーツや車の運転にはまるのはこういうタイプの人だと思いますが、私はこれは超苦手。

じゃあ「形」と「色」をどちらに先に注目するかというと圧倒的に「色」のようです。
そしてその色が新しいきれいな色だともう全然だめです。

どうして古い色にしか魅力を感じないのか、それは自分でも謎です。^-^

インスタグラムと重複するものもありますが、いくつか好きな「色の世界」の写真を載せます。

まずは英国に新しい王女様が誕生したのをお祝いして「ピンク」の世界♪
d0253172_12091930.jpg
とてつもない運命を背負って生まれてきた女の子。
きっとたくましく賢く美しい人になることでしょう。
そのご成長を見届けるという人生の楽しみが増えました♪♪

d0253172_12180317.jpg
ピンクに少し紫を足して濃い赤スミレの色の世界♪

d0253172_12143976.jpg
赤を引き算した青スミレの色の世界

d0253172_12173071.jpg
あたたかくおいしそうな卵焼きの色

d0253172_12140732.jpg
こげちゃった?
焦げ茶から黒へ至る世界

d0253172_12134196.jpg
やさしい手触りを伝えるベージュの世界

d0253172_12150748.jpg
ミルキーホワイト

d0253172_12165435.jpg
光と同化する透明な白



そして色のない世界への入り口
ブルーグレー

d0253172_12183171.jpg





by croa-antique | 2015-05-03 12:36 | 骨董全般 | Comments(0)