過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
11月8日から15日まで渡仏..
at 2017-11-07 10:55
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


<   2015年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

エリザベス女王様、89歳の御誕生日おめでとうございます

今日4月21日はエリザベス女王のお誕生日だそうです。
エリザベス女王関連の物は、うちの店で扱うには新しすぎるのでほとんど持っていないのですが、イギリスにはもう言葉には尽くせないほどお世話になっていますので、永き治世をお祝いして1950年頃前後のお写真を少しアップいたします。
d0253172_15252901.jpg
d0253172_15091260.jpg

d0253172_15070774.jpg


エレガントというのはこういうことを言うのだろうという輝くばかりの美しさです。
d0253172_15061191.jpg

日常の一コマ
後ろから出てきている女性の帽子が可愛い♪
d0253172_15074517.jpg

写真につけられたキャプションが全てを言い表しています。^ー^

d0253172_15081475.jpg

戴冠式の一場面
王冠と王笏・宝珠を持ってとても緊張したお顔です。

d0253172_15084696.jpg

人々で埋め尽くされたトラファルガー広場!

いついつまでもお元気で!とお祈りいたします。



by croa-antique | 2015-04-21 15:18 | 民族文化 | Comments(0)

買い付けから帰ってきました

黒崎♂が長い買い付けより帰ってきました。新着商品を少しばかりご紹介いたします。

d0253172_14134973.jpg
イギリスの春♪
サクランボのブローチはアールデコ時代のベークライトが有名ですが、こちらは19世紀の物。ガラスと金属製のブローチです。
40年もの時代を先取り!!
当時としてはかなり前衛だったと思います。

ついでにこちらはアールデコ時代。ベークライトに金属製の ザ・インダストリアル・サクランボ ^-^
d0253172_14340000.jpg
サクランボの表現がとてもリアル。
電線が通ってるんですけど、一体何に使ったんでしょうか。

中央に写っている指輪は1920年代のガラス製。
ミルフィオリガラスの手法です。

d0253172_14143140.jpg
ガラスの透明感、美しさを写真に撮るのはとても難しいです。><
実物の硬質感、冷たさがなかなか出ません。
甘いデザインと色、ガラスと銀の冷たさの両立が秀逸な指輪です。
象牙の額に入った刺繍はイギリスの有名な刺繍作家さんによるものだそうです。

d0253172_14131095.jpg
そしてイギリスの謎もたくさん連れて帰りました。

d0253172_14154306.jpg
見つめる目。
ピーコックアイは魔よけとして有名ですが、この水色の目は初めてです。

d0253172_14123089.jpg
うちらしい小さな小さな商品の数々。
右の金、白、トルコブルーのモノは指貫です。

d0253172_14152074.jpg
エナメルの古い指輪。
ネコの顔はミクロの仕事です。

d0253172_14120523.jpg
ビクトリアンから40’s~50’sデザインまで。
カワイイモノは尽きません。^-^

徐々にショップの方にも詳細をご紹介してまいります。

*黒崎♂が帰国したのとバトンタッチで5月には黒崎♀のフランス買い付けが控えていて、店の事務処理を前倒してやっておかなければならない関係でネットの更新は依然遅々として進みませんがどうぞご了承くださいませ。m(__)m






by croa-antique | 2015-04-18 14:46 | 店情報 | Comments(0)

ネットショップとブログの傍らで

以前にも一度お知らせいたしましたが

こちらで→インスタグラム  つぶやくが如く写真を載せています。

ネット発信の中で一番気を使うのはネットショップ。
あらを見落とさないようにと細心の注意を払いながら客観的な表現をなるべく心がけて商品をご紹介しています。

次に気を使うのがこちらのブログで、多少は偏見私見混じってもまあお許し願おうとは思っていますが、それでも出来れば後の世代の人たちにも読んでもらえるような内容のものをと練って書いています。

それに対してインスタグラムはまあ空気みたいなもので自然に気負わずに画像を載せていけるのでついついたくさん更新中~~~(今のように時間に余裕がない時はなおさらです)

楽に傾きすぎてはいけない!と自戒しつつやっておりますが、商品、出番待ち、私物、ソルドアウトものと入り混じっていますがとにかくたくさんご紹介できるのが最高に良いところです。

よろしければどうぞフォローくださいませ。m(__)m
d0253172_13004872.jpg


by croa-antique | 2015-04-09 13:01 | 店情報 | Comments(0)

来るモノあれば去るモノあり

ネットショップに上げていたいくつかのモノたちがヨーロッパの方の目に留まり、あちらに戻っていくことになりました。

海外で買い付けをする時に売ってくれた業者さんが、そのモノとの別れを惜しんで泣かれてしまった経験が2回あります。

どちらの場面も強烈に記憶に焼き付いています。

今度はその順番が自分に回ってきたということか。。。

永遠に持ち続けることなどもちろん出来ないのだから喜ぶべきことなのですが胸が痛くなる別れというのはあるのですね。。。。

それほどまでに心に食い込むモノと出会えたことを感謝せねばなりません。

d0253172_11472228.jpg
画像は本文とは関係ありません。^-^
少女のまっすぐな視線が美しい。



by croa-antique | 2015-04-07 11:54 | プライベート | Comments(0)

消し去りたくない記憶は石に刻め ~瀕死のライオン~

ルツェルンの岩崖に彫られた全長10メートルのライオン像です。
d0253172_00392004.jpg
背中に剣が刺さり今まさに息絶えようとしている姿。
その腕の下にフランス王家の紋章のついた盾を守るかのようにして横たわっています。
これはフランス革命時にベルサイユ宮殿を最後まで守ろうとして革命軍に殺された800人のスイス人傭兵を称えるために1820年に作られたものだそうです。

よくある大理石像などではなく、自然の巨大な岩をくり抜いた中にライオンの像を刻むことで、その記憶も像も永遠に残れ!という作り手たちの熱い執念が感じられます。

同じ時代かそれより数十年のちに刻まれた年老いたライオンの頭部のメシャム(海泡石)のパイプです。
d0253172_00535813.jpg
老いてなお精悍なライオンの顔はルツェルンの石の像をほうふつとさせます。

背後にブロンズのナポレオン像(猫ですが)を置いてちょいと見立て遊びをしてみました。
d0253172_00373398.jpg
d0253172_00384784.jpg
猫ナポレオンの笑い顔の憎々しいこと。
このブロンズの猫が作られたのはオーストリアのウィーンですから、そこに込められた思いもまた推して知るべしです。

d0253172_00365326.jpg
ライオンを守るかのように弓を持った天使がぴったりと寄り添っています。
d0253172_00400216.jpg
古典的な美しい表情の天使のまっすぐな顔にもまた作り手の気持ちが読み取れるような思いがします。

**関連あるようなないようなおまけ話**
ナポレオンはあのトレードマークのような帽子を生涯に120個も所有していたそうです。そのうち現存しているのは12個でその中の一つが去年の秋オークションにかけられて約2億8千万円で落札されました。

出品者はモナコ王室。落札者は韓国の個人実業家だったそうな。。。。

これもまた非常に強烈に時代の流れを感じさせる話です。





by croa-antique | 2015-04-06 01:01 | 民族文化 | Comments(0)

相変わらず・・・

相変わらずバタバタの日々です。

画像は出番を待ちくたびれて泣きベソ顔のノーマークジュモーちゃん11号

d0253172_10591502.jpg
はやく~~

*泣きべそ顔に見えるのは困ったちゃんの眉のせいもありますが、濡れたような質のガラス目にもよります。
いかなる配合か、おそらく計算ではなく偶然の産物でしょうが、稀に瞳が濡れたように輝く子がいます。


by croa-antique | 2015-04-04 11:03 | 店情報 | Comments(0)