過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
フランス買い付けに行ってきます。
at 2016-11-02 11:19
買い付けに伴う店舗営業変更の..
at 2016-09-19 10:47
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ケストナーグレード

1900年前後のドイツにはたくさんのビスクドールメーカーがありますが、中でもビスクの質において群を抜いていると感じるのは1910年ごろまでのケストナーです。
ビスクの質が他のドイツメーカーよりも硬質なので細部までの細かい表現が可能です。

そんなケストナーのビスクの良さはオールビスクの人形によく表れています。

今日ネットショップにアップしたグーグリー。15センチと小さい中に顔や手の表現。靴下のちょっと下がった感じ、幼児のプックりした腕や足などとても可愛らしく表現されています。
d0253172_1421051.jpg

d0253172_13545646.jpg

d0253172_1357588.jpg


きめの細かい古いビスクは、ケストナーに限らずですが、触ると温度が温かいです。
現代製との大きな違いでいつも不思議に思います。
使っている材料のちがいでしょうか。

by croa-antique | 2012-10-29 14:01 | 子供文化 | Comments(0)

ゴーチェ ドール 追加画像

アンティークのビスクドールの顔立ちはメーカーによってみんな特徴を持っていますが、ゴーチェ ドールはとても面白い顔立ちをしています。
こぼれ落ちそうな大きな目、四角い輪郭にえくぼのついた二重あご。当時の美の基準から言って、少しはみ出しているのかなとも感じるのですが、なんとも言えない愛嬌があって見ていると楽しくなります。

今回入手したゴーチェはそれに合わせて大きさがありますのでとても迫力があります。
でも、威圧的ではなく、優しくふんわりした個性に感じられるのは、肌の色合いによるところが大きいです。地の白いビスクの上には、おそらくピンクしかのせていないのではないでしょうか。

このくらい大きさがあると、人間の幼児の服も着ることができます。
この子は新しい服を着せられていたので、彼女にふさわしいお支度を整えました。
全部ビクトリアンの子供服です。

d0253172_16281548.jpg
d0253172_16294193.jpg
d0253172_16301866.jpg
d0253172_16311873.jpg
d0253172_1632326.jpg
彼女の持っているふくよかさにシルクのゴージャスさがよく合います。

マントを脱ぐとちょっと幼い感じに。
d0253172_16341119.jpg
歩き始めたくらいの子用のシルクのドレスです。
d0253172_16352030.jpg
見事な手刺繍。

ボンネットはシルクサテンです。シルクのリボンワークの花がついています。一個作るのに何メートルもリボンを使います。
d0253172_16365324.jpg


目は茶色に白の虹彩のヒューマンタイプのペーパーウェイトアイです。ブルーのヒューマンタイプはよくありますが、茶色は珍しいです。
d0253172_16393720.jpg

来週あたりにお店に持っていく予定です。
看板娘になってくれそうです。♪


by croa-antique | 2012-10-27 16:52 | 子供文化 | Comments(0)

海を渡ったレンチドール

レンチドールの中で最も入手困難と言われるのが500シリーズの子です。
お顔の特徴としては、他のタイプよりも丸顔に丸い目。大きさもあります。

このたびご縁があってやってきた Lenci doll 500 B の男の子をご紹介します。

d0253172_2335890.jpg
木馬のおもちゃに乗って頭には紙で作ったナポレオン帽をかぶっています。

お顔のアップ
d0253172_2364795.jpg


画像ではちょっと見えにくいのですが、この子のエプロンには Tom という名前が刺繍されています。
イタリアの人形なのに「トム」という名前なのは、アメリカ市場を意識しての名付けだそうです。

1930年前後、市場拡大のためにたくさんのレンチドールが船に乗ってアメリカに渡りました。
多くの子は船の中で乗客が競って買ってしまって、アメリカに着いた頃には商品が一つも残っていないということもあったそうです。

でも、この子はアメリカに渡った子ではありません。

1920年代、ヨーロッパに赴任した日本人によって買われて、その方が帰国した時に一緒に船で日本に渡ったのです。
その後何十年もほとんど人の手に触れられない環境で大事に大事に保管されました。

レンチの紙タグも2枚とも完璧な状態で残っています。

頭の紙製の兜(そう言えば小さい頃、新聞紙で兜を折ったなあ。折り方忘れてしまいました。)はレンチの宣伝が書かれた紙で折られています。

こうやって日本の地で90年の時間を経てきれいな状態で残っていたとは感激です。

次の100年もこのままのきれいな状態で残っていくように願わずにいられません。

by croa-antique | 2012-10-20 23:20 | 子供文化 | Comments(0)

一瞬を永遠に変える力

d0253172_19344120.jpg
散歩の途中、ふと何かを見上げるレンチの少女。足を止める間もない一瞬の表情がそのまま表現されているようです。

1929年のレンチドールのカタログに全く同じ子の写真が載っているので、今から83年前に作られたものですが、服の虫食い以外は色あせもなく、とてもきれいな状態です。

レンチの創設者エレナさんは、経営上の経費の問題から、人にフエルト素材の質を落とすことを勧められても断固として、最高級のフエルトを使うことを止めなかったそうです。
その結果が80年90年過ぎた今になってはっきりと表れています。

d0253172_19502986.jpg
くるくるのカーリーヘアはレンチ独特のもので、当時でも一番人気がありました。
でも、子供が遊んでくしを入れたり、ひっぱったりするとカールは崩れてしまって二度と元に戻りません。
この子は幸運にもそういう目にあわずに今までこれたようです。

良い生まれと良い育ちに恵まれたラッキーな女の子です。

(詳細は後日ネットショップのほうにアップします。)

by croa-antique | 2012-10-19 19:57 | 子供文化 | Comments(0)

ステンシル

ステンシルとは型紙を作って紙に置き、色を塗って模様をつけていく手法です。小さい頃やったような記憶があります。
今や、家庭の年賀状でさえ、パソコンで印刷する時代ですから、こんなのんびりしたやり方で印刷することも少なくなってきたかなと思います。
ましてや大量に作られる商品においてをやですが、100年前にはよく用いられていました。
細かいところまでは表現できないし、色むらがあったりずれたりにじんだり、いろいろ難があるのですが、そこが何とも言えない手作りの温かさを感じさせてくれます。

d0253172_14471559.jpg
ほんの少しブルーがかったグレーの箱にピンクのリボンと白い水玉とレース模様。四隅は素晴らしいアールヌーボーデザインの花の形の金具とシルクのリボンで飾られています。
こんな箱をもらったら、どんなにドキドキしたことでしょうか。中味も素晴らしいです。後でネットショップにアップしますのでどうぞご覧ください。1900年頃のフランス製です。


こちらは1930年頃のイギリス製のステンシル。
d0253172_1451463.jpg
草原で子羊とうさぎが遊んでいます。これは子供用のティーセットの箱です。

どちらも子供用の物ですが、フランスの物はやはりフランスらしいし、イギリスのはいかにもイギリス!というデザインですね。
手作りのぬくもりのある箱に入ったおもちゃをもらって遊んだ子供と、今のように全てが機械で作られたおもちゃ、下手をすると、本物でなくてパソコンを通したバーチャルなもので遊んだ子供ではなんだか違った人間になってしまいそうだな~~

by croa-antique | 2012-10-17 15:01 | 紙もの | Comments(0)

犬は世につれ エドワード7世時代

1900年から1920年頃は圧倒的に鼻ペチャ一族の時代だったようです。
ビクトリア女王もペキニーズを偏愛していたそうですが、その流れが一層強くなりました。

ビクトリア女王のお孫さん、マリー・アレキサンドラとペキニーズ
d0253172_1514715.jpg
晩年の写真ですが、まるで、ペキニーズが主役!みたいな写真です。お祖母様譲りのペキニーズ love! の感じがよく伝わってきます。

一方、お嫁さん(エドワード7世のお妃)のアレキサンドラ王妃は狆がお好みだったようです。
d0253172_1571718.jpg
日本人としてなんだか嬉しいですね。
d0253172_1585535.jpg
こちらの肖像画では2匹抱えています。

ビクトリア女王の直系のお孫さんにはペキニーズ愛がそのまま受け継がれ、デンマークからやってきたお嫁さんは狆、というのはやっぱりいろいろと政治的にも家庭的にも込み入った事情があったのかしら、なんて要らぬ憶測をしてしまいました。
夫君のエドワード7世には公式のお妾さんが5人もいたそうですから、(ということは非公式にはいかほど、、)ダイアナ妃の苦しみどころではなかったかもしれません。。。

世間的には狆はヨーロッパではかなり珍しい存在で、アンティークもほとんど見かけません。
やっと一つありました。

d0253172_15125686.jpg
シルク地のシガレットカード。「狆」ではなく Japanese と紹介されています。

それに対してペキニーズのアンティーク物はたくさんあります。

d0253172_15151790.jpg
フランス、サビノ社のオパールセントガラス製置物。
d0253172_15163720.jpg
銀製ブローチ。

この絵ハガキは当時の犬事情を面白く伝えてくれます。
d0253172_15351347.jpg
ペキニーズさん、相当分厚い毛皮を着ているはずなんですが、みんな着飾らせて散歩に連れ歩きました。

そう言えば、当時のイギリスの人気者だったこの方の恋人もペキニーズでした。

d0253172_15371112.jpg
恋人とドライブするボンゾくん。1930年頃の絵ハガキですが、女性がくわえ煙草で運転しています。時代ですね~~

あ、キャバリア嬢との浮気現場発覚!!
d0253172_15392412.jpg



ボンゾ自身も鼻ペチャ一族です。
フレンチブルに一番近いのかなと思いますが、、、、またまた次回に続く。

こちらはおまけ。
当時の映画のスチール写真でしょうか。
おじさんとペキニーズの舌がシンクロしてて可愛いです♪

d0253172_1542983.jpg
d0253172_15422560.jpg

by croa-antique | 2012-10-14 15:49 | 動物文様 | Comments(0)

犬は世につれ ビクトリア時代

犬の種類も時代によって流行がありますね。今一番人気はプードルでしょうか?散歩させているのをよく見かけます。

流行すれば、その犬をデザインされたものを欲しいのも古今東西共通の欲求で、アンティークの世界からもその流行の移り変わりがはっきりと見てとれます。
1900年頃はペキニーズ。192,30年代はスコッチテリア。戦争を挟んで1950年代になると圧倒的にプードル!といったところですが、19世紀の流行というと。。。。

まずはイギリスと言えば永遠のテリア love !
d0253172_12322484.jpg
犬種はウェルシュテリアでしょうか?ブロンズに似せた合金で貯金箱になっています。

やはりこの時代は狩猟用としての実用犬が多く飼われていました。
d0253172_12344639.jpg
こちらも狩猟犬、ボルゾイ。うさぎの毛皮で出来ています。小さめのファッションドールのそばに置くのにちょうどよい大きさです。小さいですが、とてもリアルによく出来ています。
d0253172_12362619.jpg
後年テディベアに使用される吹きガラス製の目。

では、愛玩犬代表はというとこの子!
d0253172_12383413.jpg
鼻ペチャ、というより陥没してます。
別角度から。。。
d0253172_12415778.jpg

動物の毛皮に本革の首輪、シルクのリボンを巻いて素晴らしい作りです。首が取れて、中にお菓子などを入れられるようになっています。
d0253172_12423567.jpg

実に生き生きとした表情をしています。
犬種はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルです。
18世紀から200年に渡って貴族たちを魅了してきました。
現在のキャバリアよりもずいぶん鼻が短いですが、19世紀の貴族の間ではキャバリアは鼻が短いほど自慢だったらしく、日本の狆と交配させて鼻ペチャを作りだしていたそうです。

現代に残ったこれらのワンちゃんたち、みんなとても生き生きとしてよいオーラを感じるのは、昔の持ち主にとても可愛がられていたからだと思います。
(次回に続く。。)

by croa-antique | 2012-10-12 12:52 | 動物文様 | Comments(0)

はじめてのファッションドール

アンティークのビスクドールの初期のタイプはファッションドールと呼ばれ、プロポーションも実際の人間に近く作られています。ジュモーやゴーチェ、ブリュ、ユレー、ローメなどのフランスのメーカーで作られたファッションドールは豪華な最新流行のドレスを着せられて、いわばミニチュアのマネキンのような役割をしていたようです。


私は今までファッションドールを買ったことはありませんでした。
衣装の管理が大変そう。。。ということもあったのですが、何より、人形の顔立ちがもう完璧な貴族様なんですね。
もしうっかり買ってしまったら、
「こんなむさくるしいところにお連れしてしまってすみません!」と平謝りしなきゃいけないような感覚です。

それでずっと眺めるだけだったんですが、はじめて仕入れたのがこの子です。

d0253172_13314648.jpg

ドームヘッドに頭と首、胸が一体型でドイツの物と思いますが、何一つマークがないので詳細は不明です。
ドイツでもフランスと同じ時代にこの手のファッションドールはたくさん作られました。
Alt, Beck & Gottschalck  や Sonneberg が有名です。
共通点としてはみんな顔がまん丸く、口はおちょぼ口で、目鼻がちょっと真ん中寄りについているような顔立ちで、出来はまあいろいろです。
フランスでは子供のタイプのファッションドールは大変に少ないのですが、ドイツではこの子のように子供タイプのほうが多く作られていて、大人のファッションドールのほうが少ないです。

手作業ですることですから、目のラインの開け方や眉の書き方など、ほんのちょっとしたことで大きく顔の印象は変わってきます。

d0253172_13462019.jpg
d0253172_13472753.jpg
この子はブリュジュンを思わせるような強い意志を感じさせる顔立ちをしています。
d0253172_13493054.jpg
スカイブルーのウールと黒ビロードのコート。後ろの裾を長く引きずるシルエットはドラマチックで映画の一場面に出てきそうです。
d0253172_13513016.jpg
裏地は黒のシルクですがボロボロです。取り除いて新しくつけかえた方がいいようなものですが、大変に細かい作業でパッチワークのように手作業で縫われているのでオリジナルのままにしてあります。

d0253172_13545771.jpg
中に着ているドレスはミントと言っていいほどの状態です。この手のレースはほとんどが洗濯漂白されて本来の生なりの麻の色を失って真っ白になっているものですが、このドレスは今まで一度も洗濯をしていない状態です。
d0253172_13592845.jpg
d0253172_141303.jpg

関節を深くとっているためにキッドボディにも破れがありません。

d0253172_1434530.jpg
顔立ちは幼く身長は38センチと小さいながらも、どんな運命にも敢然と立ち向かう、といった強さを持った不思議な魅力の人形です。

by croa-antique | 2012-10-08 14:13 | 子供文化 | Comments(0)