過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

レースのお話

今まで知らなかったことを少しずつ知っていくのは楽しいことです。
で、今はレースにすっかりはまっています。
知れば知るほど歴史も制作も奥が深いです。

ドールの洋服の裾飾りにも・・

d0253172_17554196.jpg

このブルーの絹のスカートに縫いつけられたベージュのレースは、その希少性から「幻のレース」「レースの女王」と呼ばれるメヘレン(メクリン、マリーン)レースではないかと思うのですが、初心者ゆえ確信が持てません。
詳しい方のご教授を仰ぎたいところです。

d0253172_17574038.jpg

アランソンやポワンドガーズを模して作られたと言われる極細の麻糸によるボビンレース。
チュールに見える網も全部手で編んでいます。

拡大しますと・・
d0253172_17593433.jpg

ピンボケになってしまいましたが、花模様の真ん中の穴にめぐらせた6角形の網の一辺の長さが1ミリです。
この1ミリの長さの糸に別の糸が5回、くるくると巻きつけられています。


さらに拡大・・
d0253172_1801982.jpg

肉眼で見ると1本の糸にしか見えませんが、5ミリの長さの横糸2本に25回別の糸が巻かれています。

でも、今日の主役はドレスではなく、その下の下着に使われている白いレースです。

ぼんやり見ている時はその凄さに気付きませんでした。

目打ちで布に穴を開けて周りをかがるアイレットと布を切り取って周りをかがるカットワークそして白い布に白い糸で刺繍するホワイトワークの3種類の技法で作られています。
ホワイトワークによる水玉模様の直径は1ミリで、やはりそれを5目で仕上げています。

余談ですが、最高級の物は1ミリ10目で仕上げられていると聞きます。

d0253172_1841792.jpg
かがってかがって

d0253172_1884636.jpg
朝起きて暗くなるまで
来る日も来る日もひたすらかがって

d0253172_18103122.jpg
端の始末はボタンホールステッチです。

穴の大きさは一番小さいものは直径1ミリありません。そんな穴が小さなドール用の下着に全部で何個開けられているのか、1万個は軽く超えています。

この技法は本当に単純で、特殊な技術や熟練は何も要りません。
いるのはただただ根気だけ。
だからレース職人の中でもまだまだ未熟なほんの子供のような少女が作ったのかもしれません。

昔のレース職人は若くして目を傷めたり、根気のいる作業に神経を病んだり早死にすることも多かったということです。
このレースを作った人はどんな人生を歩んだのでしょうか。

レースには1か所の失敗も、糸の端が醜く見えているところもどこもなく、完璧な美しい仕上がりです。

1ミリ5目というのを律義に律義に守って、たまには手を抜いて3回とか4回で仕上げちゃえとか、そんなこと頭にも浮かばない人だったんだろうな。

130年以上たっていますがとても丈夫でこれから何百年も何千年もびくともしないように見えます。

一般に布製品はとても傷みやすいです。
この人形の衣装も色はあせ続け、布は風化して破れていつか粉々になってしまいそうです。
でも、レースは全く傷んでいません。
人間の手が時間をかけて作ったものだからなのか、レースというのはなんだか弱く繊細なイメージで、実際に繊細な物ですが、反面ものすごく強い物です。


普段はドレスの下に隠れて全く見えない、この仕事をぜひたくさんの人に見てもらいたいと思って今日これを書きました。

d0253172_18234064.jpg

by croa-antique | 2012-06-24 18:57 | 布製品 | Comments(0)

買い付けから戻ってきました

エリザベス女王のジュビリーとオリンピック開催で賑やかなイギリスに買い付けに行っておりました。
華やかなテムズ川のパレードやコンサートの雰囲気を味わえたのは良かったですが、定宿にしているフラットが値上がりしたり、と良くないことも。。。

そんな中買い付けてきたものの一部をご紹介します。

d0253172_12505962.jpg
お人形のように可愛らしい子供時代のエリザベス女王の写真が印刷されたハンカチをバックにアクセサリーの数々。画像右上の小さなモザイクの椅子のチャームをお見逃しなく!天使のカメオはなんだかもちつきしているみたいですねえ。鍛冶で人の心を射る弓矢を作っています。パンジーのブローチは愛らしさNo.1。

いつも、「今回はこんな雰囲気の物を集めてこよう!」という意識は全くしないのですが、不思議とその時々で買ってくる物の傾向が出てきます。時には銀やメタルの物が多く渋い路線だったり、重々しいビクトリアンだったり、細かなおもちゃ系が多かったり、、、ですが、今回は垢ぬけた繊細なアクセサリーや小物が多かったです。エナメルづかいやシルク製品、陶器など、色の華やかな物もたくさんあります。

d0253172_1304623.jpg
ハイジのように子ヤギを抱く少女の絵のついた陶器のコンポートにシルクに手描きのビクトリアンのボタン

d0253172_1331665.jpg
エドワーディアンの衣装で子犬を連れてお散歩している母子の額はバタフライウィングを使った物です。身につける衣装は変わっても今も昔も変わらない幸福な人生のひと時ですね。

常にお問い合わせ不動の一番を誇るドルトンのラッキーキャットには今回出会えませんでしたが、たくさんの面白い物を続々お店に出しておりますのでぜひご覧ください。

また、ここにご紹介したものの中で特にご覧になりたいものがございましたら、必ず事前にお電話にてお問い合わせくださいませ。
まだ店頭に出ていないことがございますのでよろしくお願いいたします。

by croa-antique | 2012-06-16 13:12 | 店情報 | Comments(0)

朝の顔、夜の顔

商品の写真はいつも朝の光の中で撮ります。
それが一番自然な仕上がりになるからです。

d0253172_22494621.jpg
朝の光の中で




ちょっと思いついて同じものを夜の電気の下で撮ってみると

d0253172_22512979.jpg
なかなかいい感じです。



ジュエリーなんかだとこうはいきませんね。
写真立てというノスタルジックな物だから夜の光も似合うのかもしれません。

by croa-antique | 2012-06-11 22:55 | 骨董全般 | Comments(0)

ピンク+水色は?

赤と青を混ぜると「紫」になりますが、ピンクと水色では?

スミレ色

紫とスミレ色は似ているけれど、色から受ける印象が全く変わりますね。

紫はなんとなく現実的な色だけれど、スミレ色はとても夢見がちな色と思います。
ピンクも水色も夢のある色だからダブルの夢?
昔、田辺聖子さんの本に「ゆめゆめしい」という言葉がありましたが、まさにそんな感じです。

d0253172_23344010.jpg
夕暮のスミレ色をした写真のポストカードの文面は。。。。。

d0253172_23364571.jpg
やっぱりスミレ色のインクで書くのがお約束。


d0253172_23412931.jpg

青の強いすみれ色をしたシルクビロードに、ピンクの強いスミレ色のシルクサテンのリボンという組み合わせが秀逸なベビー用のコート。
思いつきそうで思いつかない色の取り合わせです。

d0253172_2343346.jpg

この裁縫箱は19世紀の初めのものです。
灰色がかったスミレ色にグレーと、ほんの少し緑をさし色に使っています。シックな色の取り合わせです。

それにしてもスミレ色というのは写真にとりにくい色です。
いつにもまして写真が下手だわ~~

とらえどころのないはかない風情も魅力の一つかもしれません。
永遠に夢の中にいるような色です。

by croa-antique | 2012-06-01 23:55 | 骨董全般 | Comments(0)