過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

虫づくし

季節が秋めいてきました。
西洋にも、古くから昆虫や植物文様はたくさんありますが、わりと博物学的な捉え方のものが多く、野の草花や昆虫に、そこはかとないはかなさや無常感を感じるというのは日本独特の感覚かもしれません。
d0253172_23283611.jpg
日本製、革に型押しの名刺入れ1900年頃


























d0253172_23305610.jpg
日本製、銀に七宝のシガレットケース1900年頃






















たくさんの虫の姿がデザインされていますが、これらの虫の姿の中に西洋の人々の中でも感覚の鋭い人たちは直感的に日本人の無常観を感じとったようです。

1900年から1910年にかけてアール・ヌーボーと言われる独特のデザインが流行しましたが、虫や植物の文様に日本の影響が見られます。

d0253172_23383148.jpg

べっ甲やホーン(角)でできたアクセサリー

d0253172_23393067.jpg

日本でも特に人気のあるガラス作家ドームによる花器
蜘蛛の巣が貼っているのが見えます。

アール・ヌーボーの作品は日本でも大変人気がありますが、その中に日本の精神が息づいているせいかもしれません。

by croa-antique | 2011-08-26 23:45 | 動物文様 | Comments(0)

ジャポニズム

長い間、ヨーロッパにとって多くの謎に包まれていた日本の文化が初めて正式に紹介されたのは1867年のパリ万博でのことでした。

薩摩焼、九谷焼などの陶器類、七宝、漆器、鎧かぶとや刀剣などの金工類、などなどの緻密な細工と独特のデザインはヨーロッパの人々を驚かせ、多くの影響を与えました。

一番わかりやすい影響は、日本の物をそのまんま真似して作った物の数々です。

いくつかご紹介します。

d0253172_1138481.jpg

一つは日本の製品、もう一つはヨーロッパで作られたものです。どちらかお分かりでしょうか。

左が日本製、べっ甲に象嵌した煙草ケースです。
右はヨーロッパ製、銀に七宝(エナメル)を施した女性のバニティーケース(化粧道具入れ)です。
時代は1920年頃、アールデコの時代です。


お次は・・・

d0253172_1142574.jpg



左は日本製、薩摩焼で作られたブレスレット。
右はヨーロッパ製、銀にエナメルのスプーン。

最後はこちら、スプーン対決。
d0253172_11434420.jpg

これは難しいですね。

上が日本製で銀に七宝。
下はイギリス製です。
有名な銀製品メーカーのサムソンモーダンという会社が作ってリバティ百貨店で売られたものです。
1897年のホールマークがついています。

日本製もヨーロッパ製もどちらの製品も、ヨーロッパと日本の文化がまじり合って、とても面白い雰囲気を醸し出しています。

by croa-antique | 2011-08-18 11:50 | 民族文化 | Comments(0)

ボンゾ

BONZO

インパクトのある名前の犬のキャラクターです。
1920年代から1930年代にかけて、イギリスで一世を風靡しました。

お酒も煙草も女性も大好き。釣りをやったり車を運転したり、テニスにゴルフに水泳にと大忙しなボンゾ。

d0253172_1355532.jpg


イギリス紳士が心の中でやりたいと思っていることを全部やってくれるボンゾは、大人にも大流行し、いろいろな物が作られました。

d0253172_13593267.jpg


香水、ボディパウダーのパフ、ブリッジの点数をつけるノート。
アールデコの時代の大人文化の中にボンゾが浸透しているのがよくわかる品々です。

作者はGeorge E. Studdy ジョージ・スタディというイギリス人です。
イギリスの男性らしく、犬が大好きだったスタディの、犬に対するまなざしはとても優しいです。

d0253172_1465545.jpg


ところでボンゾの犬種って何なんだろう?
鼻ぺチャで丸顔なところはパグやフレンチブルドッグを思わせますが、ちょっと違う。

きっとボンゾは誰でもない、この世に一匹しかいないボンゾ君なんでしょうね。

by croa-antique | 2011-08-12 14:11 | キャラクターもの | Comments(0)

ルイス・ウェイン

ねこが擬人化されて描かれているカード類や絵本が好きでたくさん集めましたが、その中でも独特の大きな三角形の目をしたネコの絵があります。

d0253172_15382665.jpg
先生が居眠りしている間にやりたい放題の悪がきネコたち。



サインを見ると Louis Wain とあります。

イギリスの発音では「ルイ・ウェイン」なのですが、ネットで「ルイ・ウェイン」と検索すると「ルイス・ウェインですか?」 、と大きなお世話 ご丁寧に修正されてしまうので、タイトルにはルイス・ウェイン、と記しました。(でも、実際はルイ・ウェイン)

1890年代から1910年代にかけてイギリスで大変人気がありましたが、1920年くらいから精神を病んでしまいました。晩年に描かれた絵は、病気になってしまった彼が見ていた世界がそのまま表現されているようで、見ていてつらくなります。

でも、全盛期の猫たちはとても生き生きとしています。
d0253172_15461383.jpg
最新流行のファッションに身を包んだ女性たち。
右下のネコさんたちは何を真剣に作っているのかな。

d0253172_15472592.jpg
エンボス加工された立派な絵本の表紙。
子だくさんのネコの母さん、お引っ越し中。

今でもルイ・ウェインの物はイギリスでとても人気が高くてお値段も高いです。
ポストカード1枚に10000円の値段がついていることもあり、ポストカード専門のお店では店頭には出してなくて、「ルイ・ウェインのカードはありますか?」と聞いたら、やっと奥から持ってきてくれるような感じです。

ルイ・ウェインは家系的に精神に異常をきたす遺伝子があったようで、自分もいつかおかしくなってしまうのではないかという恐怖が常にあったのではないかと思います。
大きく見開いたネコの目に、何かそういうものを感じてしまいます。

その危うい感じがルイ・ウェインの人気の秘密なのかもしれません。

by croa-antique | 2011-08-10 15:59 | 紙もの | Comments(0)

エフェメラ

エフェメラ(ephemera)

あまり聞き慣れない言葉かと思いますが、ギリシア語で「一日」という意味です。

取るに足りないチケットやパンフレット、包み紙、ポストカードなどなど、一日経ったらゴミ箱にポイ!という類の紙製品のことをイギリスでは総称してこう呼んでいます。

私がアンティークの中でもとりわけ好きなのはこの分野のものです。

現代では、カラー印刷されたいろんな物は嫌でも目に飛び込んできますが、その歴史はそんなに古くありません。
ヨーロッパで普通の人々がカラー印刷の紙製品を目にするようになったのはわずか150年前のことです。

まず、木版技術が発達しましたが、木版で刷られる色は限られているし、あまり鮮明な色は出ませんでした。

次に現れたのが、石版リトグラフとかクロモリトグラフと言われるものです。
これは発色が非常に美しく、色も何十色でも重ねることが出来ました。

ちょうど同じ時期に発達した郵便制度のおかげでクリスマスカードやバレンタインカードを送り合う習慣が爆発的に広まったこともあって、色鮮やかなカード類はヨーロッパの人々の間で大流行しました。

娯楽の少なかった時代、人々はもらったカードをとても大事にしてスクラップアルバムに大切に貼って保存しました。
d0253172_1420417.jpg
d0253172_142148.jpg


配置を考えながら貼られたカード類


中にはものすごく意匠を凝らしたカードも生産されています。


これは見つけた時、息をのむほど驚いたカードです。d0253172_1424343.jpg

ぱっと見はごく普通のカードなのですが。。。。
























d0253172_14261033.jpg
内部に何かが仕込まれています。

そっと引っ張り出してみると。。

























d0253172_14271198.jpg

何とも見事なクリスマスの情景が!








































d0253172_14281687.jpg

星空の描かれた紙を元のように差し込むと、それにつれてポップアップされていたものも全部収納されて、また元の一枚のカードに戻ります。

「一日」なんてものではありません。
もう130年ほど経っていますが、まるで作られた時のまま色鮮やかで、こんなに細かい細工なのに少しも破損していません。
とても良い紙質で最高の印刷技術、エンボス技術で作られたからこそです。

今、これと同じものを作ることはものすごく大変なことだと思います。
技術の進歩、文明の進歩って何?と思わせられます。

by croa-antique | 2011-08-08 14:45 | 紙もの | Comments(0)

キューピーさん

中国で、著作権無視で勝手にディズニーや日本のアニメのキャラクターを使った遊園地が出来ただの、それが世界的にばれて閉鎖されただの、ニュースで時々面白おかしく放送されます。
昨日のニュースでは本家に許可得ないでアップルストアを作ちゃったとか。。


今から70年以上前の日本はまさにこの中国と同じでした。
キャラクターの著作権て何?状態。

ちょうどその頃、アメリカで生まれたミッキーマウスやベティーちゃん、ビリケンさん、などなどをびっくりするくらいいち早く取り入れていろんなパチモンを作っています。

中には勝手に商標登録しちゃったり、とかなんでもあり。

有名なのではキューピーマヨネーズがあります。
最近アメリカに訴訟おこされてましたが、どうなったんだろう。

現代のように著作権に対して厳しく、またニュースも事細かに全世界に伝えられるような時代ではなかったからこそ生まれた面白いものがたくさん残されています。


その中の一つ、キューピーさん。

正式なのとパチモン対決!


d0253172_13173449.jpg


左はドイツで作られたビスク製。キューピーの作者、ローズオニールのサイン入りです。
旅行鞄と大きなコウモリを持って、どこに行くのかな。「トラベラー」と名付けられています。
ラシャの紙製のお洋服は、オリジナルでなく、これを買った当時の人が作って着せてあげたものです。

右は日本のセルロイド製。
セルロイドは安価に大量に生産出来たので、当時の日本でたくさん作られました。
小さな工場で、内職のおばちゃんたちがものすごく少ない賃金で雇われて絵付けをしました。
この写真の子はまあなんとも雑な顔!

でも、ちゃんとしたお人形を買ってもらえなかった貧しい家の女の子も、セルロイドは買ってもらえたのです。
こんなみそっかすな子でも、大事に大事に着物を縫ってもらっています。



次は、絵葉書対決です。
d0253172_1324597.jpg

左は日本製。ずいぶんと日本の文化になじんでますね。キューピーさんたち。
正座してお雑煮を食べています。

右は本家本元。ちゃんとコピーライトのマークがあります。


キューピーさん。
本物も偽物も可愛いものがたくさんあるので、またご紹介していきます。

最後にちょっと脱線ですが、左の絵葉書のあて名面です。
d0253172_13371816.jpg
個人情報漏洩にひっかかっちゃうかな。。
ずいぶん古いものなのでお許しください。

癖のある達筆で書かれた宛先と(おそらくお父さんが書いたものでしょう)、その下の文面は、まだ練習中といった感じで、でもとても丁寧に書かれたお子さんの字。
なんでもキーボードで事足りる今とは隔世の感があります。

by croa-antique | 2011-08-05 13:39 | キャラクターもの | Comments(0)

イチゴ

いちごが大嫌い!という人はあまり多くないのではないかと思います。
形も可愛らしいし、味もおいしいし。
でも、その割には案外いちご模様のモノって少ないです。

今日はそんなイチゴがデザインされたものをご紹介します。

d0253172_1147149.jpg

金属製のイチゴがあしらわれたガラスの入れ物 イギリス製。
ガラスはイチゴの花の模様になっています。

小さな小さなティーカップは無銘のドイツ製。
カップの口径はわずか2,5センチという小さいものですが、おもちゃとして作られたのではなく、実際に使用した跡があります。

朝吹登水子さんの著書「私の巴里・アンティーク」には、これと同じデザインのリキュールセットが紹介されています。

ヨーロッパの陶磁器は、マイセン、ドレスデン、ロイヤルウースター、セーブルなどなど有名なブランドの物ももちろん素敵ですが、こういう名もないメーカーが作った製品には今にない味わいがあって、とても面白いものがたくさんあります。
個人的にはかっちりとしたブランドものよりも好きです。

作られた時代は1900年から1910年頃。

この時代は、イギリスではエドワーディアン(エドワード7世が即位した期間)、フランスでは ベルエポック(良き時代)と呼ばれています。

堅苦しい19世紀から少しずつ解き放たれて、機械文明が進み、貧富の差も少しずつ少なくなっていって、たくさんの人に未来が果てしなく輝いて見えた時代です。
まだ戦争の影は見えません。

この時代に作られたものはそういう時代を反映して、屈託なく洗練されて美しいです。


d0253172_1211695.jpg

どんな人が、これらのイチゴ模様の食器を買ってどんな気持ちで食卓を飾ったのでしょう。

by croa-antique | 2011-08-03 12:11 | 植物文様 | Comments(0)

黒ネコ

なるべくたくさんの幸運が来ますように!と縁起を担ぐのはどこの国の人も同じです。

イギリスにもたくさんのラッキーアイテムがあります。

まず最初にご紹介するのは「黒猫」

エドガー・アラン・ポーの「黒猫」をはじめ、どちらかというと不吉なイメージを持たれがちな黒猫ですが特にアールデコの時代には身近に置いておくと幸運をもたらしてくれるものとして大活躍しました。

d0253172_1415483.jpg ロイヤルドルトン社製     その名も「ラッキー」       うちの店でも今までたくさんの方にお買い上げいただきました。
とっても人気者の彼。連れて行ってもらったおうちにラッキーをもたらしてくれているでしょうか。
















d0253172_1455421.jpg とぼけたお顔の小さな黒ネコのぬいぐるみ。第一次世界大戦に召集された兵隊さんが弾丸よけとして胸のポケットにこの黒ネコをしのばせていたそうです。
兵隊さんたちは、この平和なぽけ~っとしたネコの顔を見ることで、過酷な現実から少しは目をそらすことができたでしょうか。












d0253172_14171445.jpg 黒ネコブームは海を渡って、日本にもやってきます。手毬で遊ぶねこと招き猫のカップル。ネコらしい美しい曲線とちんまりした可愛らしさが同居している逸品です。











d0253172_14211329.jpg 最後にご紹介するのはユーモラスな形のペン拭きです。ペン先についたインクの汚れをネコの尻尾で拭きました。ねこさん、ちょっと迷惑そう?









ところで、どうして黒猫がイギリスでラッキーアイテムになったのか、はっきりとはわかりません。

ヨーロッパでは昔、黒猫は悪魔の使いとみなされて忌み嫌われ、時には残酷に殺されたりしました。
ベルギーの街、イーベルのネコ祭り(高い塔から生きたネコを投げ落す。今ではぬいぐるみに代わっています)は有名です。

そんな迷信から黒猫を守るために「黒猫を見ると縁起がいいんだよ。」と誰からともなく言い広めることによって、黒猫を守ろうとしたのではないかと私は推測しています。

by croa-antique | 2011-08-01 14:37 | ラッキーアイテム | Comments(0)