過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
フランス買い付けに行ってきます。
at 2016-11-02 11:19
買い付けに伴う店舗営業変更の..
at 2016-09-19 10:47
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


カテゴリ:植物文様( 2 )

母の日が近いので

ここのところずっとHERTWIGの小さなビスクのいろいろをご紹介していますが、前回脱線してしまったので脱線ついでに今日はカーネーションです。

小学生のころ、母の日が近づくと紙製の赤いカーネーションの花が皆に配られました。
裏についている安全ピン、紙の花びらのカサカサした感触を今でもよく覚えています。

今ではすっかり母の日の花として定着しているカーネーションですが、なぜか19世紀や20世紀初頭のヨーロッパではあまり好まれる花ではなかったようです。

特にイギリス、ヴィクトリアンを代表する花と言えば、バラ、勿忘草、スミレ(パンジーも含む)の3つで、グリーティングカードの図柄などもこの3つの花で9割占めているといっても言い過ぎではありません。
カーネーションの柄のカードもなくはないのですが、バラのカードなら簡単に1000枚でも10000枚でも集めることができますが、カーネーションは必死で探してやっと10枚という感じです。

d0253172_12222129.jpg
左は19世紀イギリス製。右は1910年頃のフランス製。
カーネーションの花びらをボンネットに見立てた不気味可愛いカード。
(このような花に顔の意匠は当時たくさん見られます。またいつかまとめてご紹介いたします。)

これはヴィクトリアンのスクラップアルバムの1ページ。
いろいろな種類の花で埋め尽くされていますがカーネーションもあります。
見つかりますか?
d0253172_12243320.jpg

こちらは19世紀中ごろのワックスフラワーです。
後期のものに比べておしべ、めしべまで表現されていてとても繊細です。
一番下の薄紅色はカーネーションです。
d0253172_12251461.jpg

目を皿のようにしてやっとこれだけ集まりました。

どうしてこんなにカーネーションのデザインが少ないのか全くわかりませんが、ただ一つだけヒントになるものがありました。

19世紀のイラストレーター、ケート・グリーナウェイの花言葉の本です。

そこでカーネーションを調べてみると・・・

・真紅のカーネーション・・ああ!私の憐れな心よ
・ストライプのカーネーション・・拒絶
・黄色いカーネーション・・軽蔑

カーネーションに一体何があったというのでしょうか?!
d0253172_12233068.jpg
ケート・グリーナウェイによるカーネーションのイラスト。
なんだかひょろひょろと頼りない感じです。
そういえば、カーネーションって花の重さに比べて茎が細いのでよくくたっと花の根元から折れてしまったりします。
そういうことも嫌われた原因にあるのかも。

100年前まではかわいそうな扱いだったカーネーションの花ですが、最後に文句なしに可愛らしいものをご紹介します。

d0253172_12215123.jpg
d0253172_12210237.jpg
1910年頃のシルクのドールドレスです。
シルクサテンに描かれたカーネーションの図柄がとても珍しいです。

人形に着せなくてもこれだけで飾っても可愛らしいです。

by croa-antique | 2014-05-01 12:48 | 植物文様 | Comments(0)

イチゴ

いちごが大嫌い!という人はあまり多くないのではないかと思います。
形も可愛らしいし、味もおいしいし。
でも、その割には案外いちご模様のモノって少ないです。

今日はそんなイチゴがデザインされたものをご紹介します。

d0253172_1147149.jpg

金属製のイチゴがあしらわれたガラスの入れ物 イギリス製。
ガラスはイチゴの花の模様になっています。

小さな小さなティーカップは無銘のドイツ製。
カップの口径はわずか2,5センチという小さいものですが、おもちゃとして作られたのではなく、実際に使用した跡があります。

朝吹登水子さんの著書「私の巴里・アンティーク」には、これと同じデザインのリキュールセットが紹介されています。

ヨーロッパの陶磁器は、マイセン、ドレスデン、ロイヤルウースター、セーブルなどなど有名なブランドの物ももちろん素敵ですが、こういう名もないメーカーが作った製品には今にない味わいがあって、とても面白いものがたくさんあります。
個人的にはかっちりとしたブランドものよりも好きです。

作られた時代は1900年から1910年頃。

この時代は、イギリスではエドワーディアン(エドワード7世が即位した期間)、フランスでは ベルエポック(良き時代)と呼ばれています。

堅苦しい19世紀から少しずつ解き放たれて、機械文明が進み、貧富の差も少しずつ少なくなっていって、たくさんの人に未来が果てしなく輝いて見えた時代です。
まだ戦争の影は見えません。

この時代に作られたものはそういう時代を反映して、屈託なく洗練されて美しいです。


d0253172_1211695.jpg

どんな人が、これらのイチゴ模様の食器を買ってどんな気持ちで食卓を飾ったのでしょう。

by croa-antique | 2011-08-03 12:11 | 植物文様 | Comments(0)