過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
フランス買い付けに行ってきます。
at 2016-11-02 11:19
買い付けに伴う店舗営業変更の..
at 2016-09-19 10:47
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


カテゴリ:子供文化( 77 )

テートジュモー追加画像

ホームページでご紹介しているジュモーの追加画像です。

d0253172_23294762.jpg
ヘッドのリム近くに見える白い色抜けは、ウィッグを剥がした跡です。
テートタイプなのでポワードビスクですが、リムも、ヘッド自体も、とても薄く仕上がっていて、透明なきれいな肌です。
(画像では画質の関係で残念ながら荒く見えています。ぜひ実物をご覧ください、)
d0253172_2330212.jpg

d0253172_23325399.jpg

レバー操作によって半眼の状態にしています。菩薩のような不思議な表情になります。
d0253172_23404132.jpg
d0253172_23414416.jpg

内部構造。初期の機構は金属を多用し、作るのに大変な手間がかかったこともあり、生産数は多くありませんでした。子供が遊んで壊してしまうことも多かったことでしょう。現存数は少ないです。
d0253172_23464332.jpg
d0253172_23511216.jpg
d0253172_23555628.jpg
ヒューマンタイプのペーパーウェイトアイ。目の張り出しは大きくありませんが、静かな深みのある吸い込まれそうな目をしています。
d0253172_23565157.jpg
全ての色つけごとにチェックマークが入っています。モーヴも入っているのは大変珍しいです。
d0253172_2357247.jpg
d0253172_23575227.jpg
d0253172_2359077.jpg
d0253172_23595538.jpg
d0253172_002862.jpg
d0253172_004863.jpg
d0253172_01252.jpg

by croa-antique | 2012-07-10 00:11 | 子供文化 | Comments(0)

グーグル? グーグリー?

ネットの時代です。こんな時代が来るとはすごい世の中になったものです。

リビングに居ながらにして、お金も時間も使わずに、たとえばイギリスのとんでもないド田舎の古書店の在庫をつぶさに確認することもできるわけで、使い方によったらドラえもんのどこでもドアを手に入れたようなものですね。

そんな現代を象徴するのが検索エンジンのグーグル(Google)といってもいいかもしれません。

そして1910年代~1930年代を象徴する一つのものがグーグリー(Googly)です。

第一次大戦と第二次大戦という大きな戦争二つに挟まれた不安定な世界をきょろきょろと不安げに見回しているようにも思えます。

フラーティングアイという、左右に動く仕掛けのガラスの目を持ったビスクドールやセルロイドドール。
そしてアメリカ生まれの有名なキューピー。
イタリア代表のレンチドール。
同じ時期にイギリスでもチャドバレーやノーラウェリング等によって横目の布製の人形が作られています。

d0253172_14485718.jpg

日本の子もドイツの子もイギリスの子もフランスの子もみ~んな横向き

19世紀までの人形はみんなまっすぐ正面を見ているのに、20世紀の初めに生まれた子たちの視線はみんないっせいに横を向いているのはなんだか不思議な感じがします。

珍しいガラス目のレンチドールをネットショップの方にアップしました。

極貧の中で育ち、13歳でサーカスの象つかいや蛇つかいとして働き、15歳で家政婦、18歳でレースや刺繍布のセールスと職業を変えながらヨーロッパ中を転々としたエレナ・スキャビーニの生み出したレンチドール。
子供が直視するには辛すぎる世の中だったのかもしれません。

d0253172_143741.jpg



ちょっと脱線ですが、13歳の時のエレナさんの写真を見た時、40歳すぎの女性のような顔をしていてびっくりしました。
下の写真は30歳のころ、結婚間近の幸せな時間の中の横顔の写真。 美しいです。
d0253172_15284161.jpg

LENCI The History and the Dolls Nancy Lazenby より無断拝借しました。(違反かも。。。)

by croa-antique | 2012-05-21 14:37 | 子供文化 | Comments(2)

100年前からタイムスリップして来た箱入り娘ちゃん

アンティークでオリジナルの箱に入っているものは珍しいので、それだけで箱のない物よりも高い値段がつきます。(時々、後からの組み合わせの物もあるのでご注意を!)
でもそれは希少性だけで評価されているわけではありません。
人間でも「箱入り娘」という表現がありますが、「箱入り」というのは持ち主によってとても大切にされて来たという証しでもあるからです。

こちらはまさに「箱入り娘」のDEPジュモーちゃんです。
d0253172_1536165.jpg

あらら、はだかんぼ。

お洋服もたくさん持っていますよ。
d0253172_15372977.jpg

d0253172_15381398.jpg
d0253172_15385593.jpg

これらの衣装を見た時、あまりの保存状態の良さに、新品??と目を疑いました。まるで昨日作られたかのような状態。奇跡のようです。普通はどんなに良い状態と言っても、色があせていたり、小さなほころびとか穴とかあるものなのですが。。。。。なぜこんなにきれいなままなのか不思議なほどです。

最後の写真の下のほうにちょっと写っているズロースのゴムにご注目ください。とてもきれいな編みによる作りです。現代の武骨な物と全然違います。しかも全く伸びていません。19世紀の人形のズロースにはゴムは使われていません。(紐で縛る方式)これはゴムの出始めの物でしょうか。こんなきれいなゴムを見たのは初めてです。
Aラインのベビーピンクのドレスの布は細い畝織です。

赤いシルクの服は細い細いチロリアンテープのような織りのリボンで装飾されています。細すぎてディテールがよく見えません。そんな時にはこの10倍拡大ルーペがお役立ち。
d0253172_15495133.jpg

テープは3ミリ幅です。人形の洋服のために専門に作られたのでしょう。
チュールに模様をかがっていくのも大変な作業ですね。この時代のものは手仕事です。

d0253172_15525888.jpg

小物の数々
d0253172_15535337.jpg

手鏡も曇りがなくきれいに写ります。

d0253172_161220.jpg

フクシャピンクのドレスは、この時代に大流行した提灯袖のデザインです。「赤毛のアン」の憧れのドレスでしたね。
トランクも大変よい状態です。クロモス(多色石版印刷)によってデコパージュされています。
d0253172_1633316.jpg


DEPジュモーというのは、20世紀に入ってから、ドイツでヘッドが焼かれたので、19世紀のフランス製のジュモーとはお顔のタイプが全く違います。
d0253172_166524.jpg
d0253172_1673911.jpg

穏やかな愛らしいお顔です。ネットショップのほうにも載せておりますのでご興味ある方はどうぞご訪問くださいませ。

アンティークは古いものですので少しくらい汚れていてもそれは仕方のないこと。その古色も合わせて好きなのですが、時々このように恐ろしく保存状態がよく、当時の匂いや空気感もそのままに出現するものはやはり次元の違うオーラがあってドキッとします。
この仕事をしていても本当にたまにしか経験出来ないことです。

by croa-antique | 2012-05-18 15:45 | 子供文化 | Comments(0)

動画をアップしました

新しく卵のものをご紹介する前に、前回の記事でご紹介したウサギのオートマタの動きをビデオで撮ってみました。
動きを楽しむオートマタは店に展示していても、その面白さが伝わりにくいものですので、こうやってビデオに残しておくといいですね。

いくつかシリーズ化したいです。
次回はネコのお茶会かダンスを撮ってみようと思います。

ウサギさんはこちらからどうぞお楽しみください♪ ウサギさん、堂々たる弓遣いです。


卵から登場する姿も可愛いですが、なんといっても面白いのは唐突に「バタン!!」とふたが閉まってしまうところ。

ウサギの臆病な感じがとてもよく表現出来ています。

by croa-antique | 2012-04-16 19:00 | 子供文化 | Comments(0)

将来のアンティーク候補

R.ジョン ライトさんというアメリカの人形作家のことを知ったのは今から10年ほど前のことです。
フェルトなどの布素材を使って全て手作業で丁寧に作られるぬいぐるみや人形は、1930年代のレンチ工房をほうふつとさせます。
ピーターラビットやマザーグースなど童話に題材をとって生み出される作品はどれも大変可愛らしく魅力的で10年かけて少しずつですが買いためていきました。いずれネットショップの方でお披露目したいと思っています。

d0253172_23311937.jpg

画質悪くてすみません。
これは彼の作品の中でも特に人気のある「くまのプーさん」シリーズの一つです。

彼の新作を見るのが楽しみで時々ホームぺージを覗くのですが、2011年のクリスマスを前にしたトップページの画像の可愛らしさにノックアウト!
可愛らしすぎる!
d0253172_23432574.jpg


ううっ!一匹お迎えしたい。。。

フェアリーシリーズのこちらもとても素敵です。
d0253172_234673.jpg

いつか欲しいです。。。

by croa-antique | 2011-12-05 23:47 | 子供文化 | Comments(0)

売りたくないもの

よくお客様から、「中には売りたくないものもあるでしょう?」と聞かれます。
ないです。どうしてもこれは売りたくない!というものは。

でも、ビスクドールは例外でしょうか。
やはりお顔を見て気に入った子を買うので愛着がわいてしまいます。
子供のような姿形というのも大きいですね。
あと、ついつい後先考えず高買いしてしまうというのも。。。(笑)

そんなわけで個人的に少し収集をしていると言えるものがビスクドールをはじめとした人形、ぬいぐるみの類です。

中で珍しいのはこちらのスリーピング機能のついたジュモーです。

d0253172_11463393.jpg


スリーピングアイというと、よく目にするのは目におもりがついていて、人形を寝かせると目が閉じる仕組みになっています。
でも、こちらのジュモーは、首の後ろで目の向きを操作することができるので、座ったまま、目をつむったり、半眼にしたりすることが出来るもので、この30年の間に見かけたのはこの子が最初で最後です。

d0253172_11511518.jpg目を完全に閉じたところ。



































d0253172_11522757.jpg
ジュモーの特徴は大きく張り出したこぼれそうな目ですが、このジュモーは伏し目がちの表情も楽しめます。

d0253172_11553239.jpg

























d0253172_11562577.jpg角度によって大人しい表情や妖艶な表情、いろいろな表情に見えます。








ところで、人形やぬいぐるみに商品としての思い入れ以上のものを持っている業者さんは少なくありません。
昔、イギリスのマーケットでぬいぐるみを買った時、売り手に泣かれてしまったこともありました。(そのぬいぐるみもまだ手元にあります。)
今ではロンドンのマーケットも寂しくなってしまいましたが、20年ほど前はパム・ヘブさんやパット・ウォーカーさんなど、個性的な業者さんがたくさんいらして、マーケットを巡るのも楽しかったです。

今ではお二人ともこの世の方ではありません。

お二人から譲っていただいたものもたくさんあります。
いずれは私も、次の愛好家の方に、集めたものをちゃんとお渡ししてバトンをつないでいかないといけないなと最近よく考えます。

d0253172_1233284.jpg在りし日のパム・ヘブさん。


















d0253172_1244987.jpgパット・ウォーカーさん。。。。ってどこ?(笑)シャイな方なので写真を撮ろうとしたら店の中に引っ込んで、そこから笑っています。
(見つかりますか?)大好きな人形に囲まれた小さな田舎のご自宅も素敵でした。
写真を撮っておけばよかったなあ。

by croa-antique | 2011-10-17 11:33 | 子供文化 | Comments(4)

ぬくもりを

これは今まで見てきた中で一番印象に残っているテディベアです。

d0253172_11362184.jpg



今から約100年前、第一次世界大戦中にイギリスで作られた、子ども用の毒ガスマスクとその入れ物に施されたテディベア。

その昔、イギリスのオークションで見たものです。
欲しいなと思いましたが、ものすごく高い値段になってしまい無理でした。

突然の不幸の前にあって出来ることは本当に少ないです。

昨日新聞で、被災地の避難所の子どもたちにぬいぐるみが配られている光景を見ました。

ぬいぐるみで身体が暖かくなるわけではないけれど、心は温められると思って嬉しくなりました。

なるべくたくさんの温もりを感じられる世の中でありますように!
d0253172_11372116.jpg

by croa-antique | 2011-03-31 11:39 | 子供文化 | Comments(0)