過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


和顔の和ビスク

大正5年頃に日本で製造されたビスクドールの従妹の二人。100年の時を経てここに久方ぶりに集まりました。
d0253172_13230650.jpg
女の子はモリムラ ブラザーズ。 男の子は内藤ルネさんが「彦ちゃん」と名付けたことで有名になったFY製の和ビスクドールと同じメーカーのものです。

**いきなり脱線になりますが、その昔、お客様のご自宅に商品をお届けしに行った時のこと、「お隣は内藤ルネさんのお住まいよ。」と教えていただいて、「ほ~~ このドアを開けるとそこにあの白いドレスの子たちがいるのか。」とドアを見つめました。ニアミスの思い出♪**

そのFYですが、詳しい工房はわかっていません。YAMATOと混同されることがあるようですが、YAMATOはアメリカでFYの人形を売っていた代理店の名前であって、工房とは関係ないと思います。

FYについて私はずっと一つの仮説を持っています。
それは、この子たちの後ろにある絵本ととても大きなつながりがあります。
d0253172_13190157.jpg

d0253172_13372909.jpg
今では「アンパンマン」の絵本で有名なフレーベル館発行のキンダーブックです。
イラストは武井武雄氏。
昭和13年刊、ということはすでに日中戦争のただ中に発行されたものです。
「ミツバチノコ」と題がありますがミツバチマーヤのお話です。

この絵本を発行したフレーベル館の創設者 高市次郎氏はビスクドール製造にも大きな情熱を傾けた人でした。
キンダーブックが創刊された昭和2年より10年以上前のことです。

元松山市立椿中学校長 岩井昭氏の論文から抜粋させていただきます。
「高市次郎は人形の研究でも権威であった。代々木に工場を設けガラス工を雇い、人形の眼球の製造に着手した。そして自らガラスを吹くという苦心の末、ついにドイツ式眼球の製造に成功、特許を設けた。」
でも、残念なことに「これがその高市氏作のフレーベル館の人形である。」という実物を見たことがありません。
ネットでも検索してみましたがまったく見当たりませんでした。

私はFYこそ、この高市氏の製造した人形ではないかと思っています。
FはフレーベルのF。 Yは工場のあった代々木のY。

そしてモリムラはこの代々木のフレーベルからガラス工を招聘して人形制作を始めました。
d0253172_13130662.jpg
ドイツの風鈴型のものよりも硬質で透明で美しい眼球です。
濃い琥珀色に透明な黄色の虹彩が入っています。
d0253172_13134839.jpg
d0253172_13171175.jpg
d0253172_13151015.jpg
d0253172_13122802.jpg
お稚児さんの化粧のような口の化粧が独特です。
凛として強く、とても晴やかな表情をしています。
d0253172_13221503.jpg
ヘッドマーク。6-2というのがこの和顔のモールドナンバーのようです。
西洋のお顔をしたモリムラドールに比べて圧倒的に数が少なく、幻と呼ばれています。

一方のFYの男の子は。。。
d0253172_13214735.jpg
d0253172_13253112.jpg
d0253172_13234658.jpg
d0253172_13194257.jpg

いわゆる「サクラビスク」になると思いますが、薄墨色の髪の毛の書き方、優しく穏やかで賢そうなお顔の表情がFYらしく特徴的です。
d0253172_13180322.jpg

戦前の日本はこんなにも素晴らしいおもちゃをつくっていたんだなあ~~と何か悲しい思いがします。
こんなに美しいものを作り出す才能と情熱と努力は戦争したことで負の方向に使い果たされてしまってずいぶんと消えていってしまったのかもしれません。

アメリカに渡ったことで、オリジナルのシルクのドレスにもシミ一つなく残ったモリムラの子。
胴体ボロボロになりながらもオリジナルの服が捨てられることなく大事に守られてきたFYの子。

どちらも本当に美しいと感じます。

d0253172_13203442.jpg
**蛇足ついでに**

RRRは武井武雄さんが昭和13年まで使っていたサインです。
まさにこの絵本が刊行された年。
戦争に向かう日本、自身の身内を10か月の間に母、次男、三男と失う不幸。(長男はすでに他界)
そして次男の命日に武井さんはRRRのサインを捨ててしまったそうです。
RRRは ROI RAM RAM(ラムラム王)の略。
邪心なくただただ幸せな自分の中の子供心の象徴のようなものだったのかもしれません。

**もう一つ蛇足ついでに**

ミツバチマーヤの原作では、最後にミツバチ対クマンバチの戦いで、策を練ったミツバチがクマンバチに勝利をおさめて終わります。

しかしこの絵本の中では、頭のいいミツバチに勝ち目が見えてきたその時、お日様の元でハチたちは考えます。

ワタシタチ ハ オナジ オヒサマ ノ ヒカリ ノ ナカ デ ハタライテ イル オナジ ハチドウシ デハ ナイデセウカ。(原文ママ)

そしてミツバチとクマンバチは講和を結びます。

この時代にあって子供たちに対して何というメッセージ!!

文章を書いたのは西崎大三郎さんという方です。



by croa-antique | 2014-08-03 13:57 | 子供文化 | Comments(0)
<< 「和顔の和ビスク」の記事に情報... 100年ひとまたぎ >>