過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
11月8日から15日まで渡仏..
at 2017-11-07 10:55
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


いつの間にかなんとなく消えていくモノ

骨董というものは減ることはあっても増えることはありません。

時代が進めばまた新たに骨董と呼ばれるものが出来てくるかというと、個人の好みもあるでしょうが、そういうものでもないように思います。
第二次世界大戦の前と後では、物の作り方に決定的な違いが生まれてしまったように思います。

少し前まではたくさん見かけたのに最近めったに見かけなくなったなあという骨董は結構たくさんあるのですが、これもその中の一つです。


d0253172_14234143.jpg
戦前の文化人形。
ぶらぶらとぶら下げると無茶苦茶可愛いです。

10年、20年くらい前だと、大きな骨董市や朝市などに出かけたら一日にいくつもすごく安い値段で出品されていて、その中からたいしてありがたみも感じずに一番可愛いものを選んでなんとな~く持ち帰ってはなんとな~く売って・・・というのを繰り返していましたが、最近めっきり姿を消してしまいました。

愛好家のおうちで大事に集められ可愛がってもらっているのならいいのですが、捨てられていったものも多いかも・・・

映画「小さいおうち」の冒頭、亡くなったおばあさんの遺品の中から残すもの、処分するものを分けていく場面がありました。
こんな汚れた人形が出てきたら、迷わず捨てるほうに分けられてしまうかもしれません。

映画「四十九日のレシピ」でも亡くなったおばあさんの遺品が重要な役割をします。

こちらです。
金とガーネットのアンティークジュエリー
d0253172_14395375.jpg
当店の商品を使っていただきました。

こんなきれいなジュエリーなら、次の世代に受け継いでもらえるのは間違いないと思いますが、その一方でひっそりと処分されて消えていくモノもたくさんあるんだろうなあと思います。




文化人形よりももっと消えそうな小さな布製人形たち

d0253172_14241410.jpg
通称ヘロヘロ人形です。
ほうっておいてもどこかへ行ってしまいそうなはかない小さなモノです。

左の子はとてもいい状態で新品のようです。
右の若干くたびれている子はなんと海外帰りです。
両足の見えないところに 1945 JAPAN とペン書きされています。

1945年というと終戦の年。
日本に駐屯していた兵隊さんが一緒に連れて帰ったのでしょうか。
それにしても今までよくぞご無事で!と長年大事に持っていた方、そしてそれに値段をつけて売ろうと考えた方々に感謝の念が浮かびます。

この小さな人形を巡ってどんなドラマがあったのでしょうか。
想像力と創造力のある人なら小説が書けそうです。


by croa-antique | 2014-03-03 14:56 | 子供文化 | Comments(0)
<< 三つ葉から四つ葉へ デミタスコスモス >>