過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


「人形の家」

ここのところ頻繁にブログを更新しているのは、年末のしなければならない大掃除やら年賀状の手配やら買い物などから目をそむけての完全なる現実逃避です。  ><

以前「ハリスおばさんパリへ行く」をご紹介した時に思いがけずたくさんの方からメールを頂いたことに気を良くして、またまた大好きな本を紹介します。

ルーマー・ゴッデンというイギリスの作家の「人形の家」という児童小説です。
クリスマス前、曇り空のこんな日には必ず読み返したくなります。

せめてこの花束をかがりましょ
心静かな日々に集めてきた花束を・・・

で始まる冒頭のひいおばあさんの詩句は今の自分の気持ちに本当にぴったりきます。

神谷圭子さんの「人形通信」の中で詳しく紹介されていますので今さら・・とも思いましたが、神谷先生の本も今は絶版で手にとれない方も多いことでしょうから書いておきます。

親戚のおばあさんから送られたドールハウスを舞台に様々な種類の人形が疑似家族となってドラマを繰り広げます。特にお父さん役とお母さん役の、心や身体にキズを背負った人形の存在が物語をとても奥深いものにしています。
それと同時進行で持ち主の本物の女の子の姉妹の物語もあります。

子供向けという形をとっていますが、話の内容はとても深刻で、昔受けた虐待によるトラウマや嫉妬による殺人など、今の社会にもそのまま通じる内容ですが、それを深刻になりすぎずファンタジーの中に収めているのが素晴らしいです。

昨日の記事で書いたクリスマスクラッカーの中から出てきた安いセルロイドの人形も、19世紀の高価で希少なビスクとキッド製のファッションドールも出てきます。

ドール好きな方には絶対お勧めの一冊です。

読み終わった後、心がとってもあたたかくなることを保証いたします。^-^


さて、掃除しよ・・・


d0253172_12254216.jpg
古いドールハウスを贈られるってなんて幸運なんでしょう。
そんな幸運に恵まれない時は、ゆっくりと何十年も時間をかけてお気に入りの小物を少しずつ集めていくのも楽しいです。
ドールハウスの内部はロウソクの光で見るとより魅力的に輝きます。

by croa-antique | 2013-12-08 12:27 | 子供文化 | Comments(0)
<< 食べ過ぎ飲み過ぎに注意しましょう クリスマスプレゼント >>