過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


がんばれ リクレイム

ジュモーのリクレイムが大好きでこれまで何回もここで取り上げてきました。
近々では9月12日の記事「リクレイムの皮肉」があります。


ところで、リクレイム(RECLAIM)という呼び方は英語なので、本来のフランス語のレクラム(RECLAME)
と呼んだほうがいいのでしょうか、というご質問をいただきました。


当方、実用英語は日本の平均的中学生の2年生程度、フランス語は現地の12か月児程度ですので、辞書を使ってない知恵振り絞っての結論ですが、やっぱりリクレイムと呼びたいなと思っています。

レクラムもリクレイムも語源的には同じで「再び存在を主張する」と言う意味です。
なのでどっちで呼んでもいい、でもフランスのものなのだからむしろ積極的にレクラムとフランス的に呼ぶべき?とも思うのですが、ちょっと個人的に引っかかるのは、ごくたまにですが、フランスで「投げ売り、大安売り!!」みたいな時に RECLAME と表示されることがあるのです。


普通のシーズンオフのセールはSOLDですからレクラムはたぶん不定期的な蔵ざらえ在庫一掃処分みたいな意味合いだろうと思っています。
眠っていた在庫を再び復活させるということです。

英語圏でリクレイムを安売り時につかうことは(たぶん)ない。

あの美しいリクレイムたちに「大安売り~~~」みたいなラベルが少しでもくっついてしまうのはとても抵抗があるのです。

そしてリクレイムという言葉の響きはどことなくレクイエム(鎮魂)と似ているところがあって気に入っています。

蒼ざめて静かなたたずまいの一群のリクレイムたちにとってもふさわしいように感じます。



ここでリクレイムの写真を出したいところですが、残念ながら手元に一体もないので出番待ちのブリュジュンRの画像を代役に・・・・

キズを負った子ですが、そんなことはものともせずに不思議と生きているような生命感に満ちた顔をしています。
d0253172_22163560.jpg



by croa-antique | 2013-11-30 11:19 | 子供文化 | Comments(0)
<< 主役は「聖なる赤ちゃん」 あらためまして >>