過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
11月8日から15日まで渡仏..
at 2017-11-07 10:55
9月~10月の買い付けシーズ..
at 2017-09-12 15:30
9月1日に3980円をお振込..
at 2017-09-03 11:43
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


リクレイムの皮肉

次々と質の高い美しい人形を生み出していったジュモー社も19世紀末になると、安価なドイツ人形の出現や社会情勢の変化から、販売店より値下げを要求されるようになりました。

さしものジュモーも、もうすでに5年前、10年前に比べたら比較にならないほど質の落ちていた時代です。

これ以上人形の質を落としたくない、でも値下げしないと人形を店に置いてもらえない、という状況でジュモーはすでに作ってあった在庫のヘッドから「ジュモー」の名を消して売りに出す、という苦肉の策に出ました。
(出典は THE JUMEAU BOOK です。)

「ジュモー」の名を安物の人形を売る会社という風評から防ごうとしたのでしょう。

ところがそれによってとても皮肉なことが起こります。

リクレイムに使われたヘッドは少し前に作られた初期のテートジュモーのヘッドを利用したために、同じ時期に「ジュモー」の名前を付けて売られた後期のテートジュモーとは比較にならない美しい子が多くなってしまいました。


このブログでも今まで2体そんなリクレイムジュモーご紹介しましたが、今日の子もその仲間です。

d0253172_0332157.jpg
リクレイムジュモー3号

d0253172_0503046.jpg
d0253172_0514668.jpg
薄い眉や口の色は初期のテートジュモーの特徴です。

美しいのはお顔だけではありません。

d0253172_0371043.jpg
液状の陶土を型に流し込んで作られるポワードビスクの手法では、縁に厚く余分な陶土が残ります。
後期のテートジュモーは、それをそぎ落とす手間を省いてそのまま売ってしまいましたが、初期のテートジュモーやデポーゼジュモーは、その余分な陶土をそれ以前のプレスドビスクのように平らにするために削ってあります。

そんなリクレイムの人形たちは、経営努力もむなしく、1900年にはSFBJに吸収されてしまって事実上消滅してしまったジュモーの意地の最後の美しい花火、派手な打ち上げ花火ではなくて繊細ではかない線香花火のような子供たちのように感じてしまいます。

d0253172_044489.jpg
d0253172_0462242.jpg

by croa-antique | 2013-09-12 00:54 | 子供文化 | Comments(2)
Commented by ドール好き at 2013-10-03 21:29 x
とても可愛いですね。もうこの子はいないのですね。3号の小さい子は珍しい大きさですよね。似たような子はいますか?
Commented by croa-antique at 2013-10-03 23:30
ドール好き様、コメントをお寄せいただきましてありがとうございます。
なんだかてんとう虫みたいな子だなあと思っていました。
今は小さい子はいないのですが、また小さいサイズの可愛い子を仕入れたいなあと思っています。
これからも時々覗いてみてくださいませ。m(__)m
<< シフォンの誘惑 アンビバレンス >>