過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
フランス買い付けに行ってきます。
at 2016-11-02 11:19
買い付けに伴う店舗営業変更の..
at 2016-09-19 10:47
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


ヘーゼルの目を持つ少女

ガラスの発色というのはとても微妙なもののようです。

またあらためて記事にしてみたいと思いますが、「赤」でも銅で発色させた赤と、金で発色させた赤は全く違います。

また時代によっても色は大きく変わっていき、現代に近づくほど機械的な意味で「きれい」になりますが、深みはやはり古い時代のものにはかないません。


とても珍しい緑がかった茶色の目を持つシュミットがやってきました。



d0253172_1511132.jpg

色の名前で言うと、ヘーゼル(ハシバミ色)になると思いますが、暗く深みのある色です。
目の張り出しがほとんどないのに、瞳がとても奥深くにあるのでよけいにそう見えるのかもしれません。


初めて見た時に、これは森林ガラスの目だ、と思いました。

森林ガラスというのは中世、ドイツの森林地方で焼かれたことからそういう名前になりました。
「森林」のイメージどおりの暗い茶色がかった緑色をしているガラスですが、これは最初の頃は本当は透明なガラスを作りたかったのに、技術的に未熟で不純物がたくさん混入したせいで緑がかってしまったようです。

独特の魅力に人気が出て、のちにはわざわざ緑に焼かれるようになりました。

d0253172_15164718.jpg
これらは「わざと」緑がかった色に焼かれた19世紀の森林ガラスのいろいろ。
小さな猫のエッチングがされたグラスは、森林ガラスに影響を受けたドームの作品です。

みんな色が違います。
きっと100個あったら100個全部色は違うでしょう。
本当に微妙なものです。


ビスクドールではヘーゼルの色の目を持つものはほとんど見かけません。
とても魅力的だと思うのですが、作るのが難しかったのでしょうか。

d0253172_15213648.jpg
写真にとらえるのもなかなか難しいです。

d0253172_15224267.jpg


d0253172_15231629.jpg


d0253172_15241290.jpg


d0253172_15244960.jpg

あまりにも自然な表情なので、人の手が作ったものとは思えない、まるで神様が作った物のようです。
前にもどこかで記事に書きましたが、この子も「ビバ!キズあり」仲間です。^^

by croa-antique | 2013-06-17 15:33 | 子供文化 | Comments(0)
<< 裁縫道具いろいろ  その1 だから?! >>