過去、今、未来、100年前の西洋アンティークでつなぎます。
by croa-antique
<実店舗> 
東京都中央区銀座5-1 
銀座ファイブ2F
クロア
tel : 03-5568-0023
メールでのお問い合わせはネットショップの「お問い合わせ」よりどうぞお願いいたします。

定休日: 年数回を除いて基本的に無休ですが不定休を取らせていただくことがありますのでご遠方からお越しの際は事前にご連絡をくださいませ。
営業時間: 12時から18時半までの間は通常開いております。
ネットショップはこちらからどうぞご来店くださいませ。

http://croa.ocnk.net/


画像をたくさん載せています。どんどん更新中~
インスタグラムはこちらです。

https://instagram.com/antiquecroa32/

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村

ランキングに参加しています。


外部リンク
カテゴリ
子供文化
音楽
アールデコ
ラッキーアイテム
植物文様
キャラクターもの
紙もの
民族文化
動物文様
ヴィクトリアン
店情報
骨董全般
布製品
アールヌーボー
プライベート
日本製のカワイモノ
最新の記事
後期テートジュモー 小花プリ..
at 2017-06-29 12:06
後期OM(オープンマウス)ノ..
at 2017-06-11 12:25
インサイズド テートジュモー..
at 2017-06-10 13:42
テートジュモー レッドスタン..
at 2017-06-09 13:52
ジュモーのヘッドマーク イン..
at 2017-06-08 14:20
5月のフランス買い付けに関し..
at 2017-05-01 12:16
イギリスに買い付けに行ってま..
at 2017-03-26 23:17
3月2日から3月8日までフラ..
at 2017-03-01 11:30
フランス買い付けに行ってきます。
at 2016-11-02 11:19
買い付けに伴う店舗営業変更の..
at 2016-09-19 10:47
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 03月
ブログパーツ


100年前からタイムスリップして来た箱入り娘ちゃん

アンティークでオリジナルの箱に入っているものは珍しいので、それだけで箱のない物よりも高い値段がつきます。(時々、後からの組み合わせの物もあるのでご注意を!)
でもそれは希少性だけで評価されているわけではありません。
人間でも「箱入り娘」という表現がありますが、「箱入り」というのは持ち主によってとても大切にされて来たという証しでもあるからです。

こちらはまさに「箱入り娘」のDEPジュモーちゃんです。
d0253172_1536165.jpg

あらら、はだかんぼ。

お洋服もたくさん持っていますよ。
d0253172_15372977.jpg

d0253172_15381398.jpg
d0253172_15385593.jpg

これらの衣装を見た時、あまりの保存状態の良さに、新品??と目を疑いました。まるで昨日作られたかのような状態。奇跡のようです。普通はどんなに良い状態と言っても、色があせていたり、小さなほころびとか穴とかあるものなのですが。。。。。なぜこんなにきれいなままなのか不思議なほどです。

最後の写真の下のほうにちょっと写っているズロースのゴムにご注目ください。とてもきれいな編みによる作りです。現代の武骨な物と全然違います。しかも全く伸びていません。19世紀の人形のズロースにはゴムは使われていません。(紐で縛る方式)これはゴムの出始めの物でしょうか。こんなきれいなゴムを見たのは初めてです。
Aラインのベビーピンクのドレスの布は細い畝織です。

赤いシルクの服は細い細いチロリアンテープのような織りのリボンで装飾されています。細すぎてディテールがよく見えません。そんな時にはこの10倍拡大ルーペがお役立ち。
d0253172_15495133.jpg

テープは3ミリ幅です。人形の洋服のために専門に作られたのでしょう。
チュールに模様をかがっていくのも大変な作業ですね。この時代のものは手仕事です。

d0253172_15525888.jpg

小物の数々
d0253172_15535337.jpg

手鏡も曇りがなくきれいに写ります。

d0253172_161220.jpg

フクシャピンクのドレスは、この時代に大流行した提灯袖のデザインです。「赤毛のアン」の憧れのドレスでしたね。
トランクも大変よい状態です。クロモス(多色石版印刷)によってデコパージュされています。
d0253172_1633316.jpg


DEPジュモーというのは、20世紀に入ってから、ドイツでヘッドが焼かれたので、19世紀のフランス製のジュモーとはお顔のタイプが全く違います。
d0253172_166524.jpg
d0253172_1673911.jpg

穏やかな愛らしいお顔です。ネットショップのほうにも載せておりますのでご興味ある方はどうぞご訪問くださいませ。

アンティークは古いものですので少しくらい汚れていてもそれは仕方のないこと。その古色も合わせて好きなのですが、時々このように恐ろしく保存状態がよく、当時の匂いや空気感もそのままに出現するものはやはり次元の違うオーラがあってドキッとします。
この仕事をしていても本当にたまにしか経験出来ないことです。

by croa-antique | 2012-05-18 15:45 | 子供文化 | Comments(0)
<< ジャストフィットも楽じゃない 天使の階級 >>